カフェ・ツィンマーマンへようこそ

※画像をクリックしていただくと、拡大でご覧いただけます。

日時 2024年3月22日(金)
開演 19:00
出演者 富山バッハ管弦楽団
寺神戸 亮(ヴァイオリン・音楽監督)
森本英希(フルート)
荒井 豪(オーボエ) ほか
演奏曲目 J.S.バッハ:
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 BWV1052
フルート協奏曲 へ短調 BWV1056
オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ハ短調 BWV1060
フルート、オーボエ、ヴァイオリンのための協奏曲 ハ長調 BWV1064
料金 一般 ¥4,000
学生 ¥2,000
フレンズ ¥3,600
発売日 フレンズ:2023年12月1日(金)10:30 / 一般:2023年12月8日(金)10:30
お問合わせ 住友生命いずみホールチケットセンター 06-6944-1188

当日券については、主催者にお問合せください。

出演者プロフィール

  • 寺神戸亮(音楽監督・ヴァイオリン)Ryo Terakado

    1961年ボリビア生まれ。桐朋学園大学に学び、ヴァイオリンを久保田良作氏に師事。在学中1983年に日本音楽コンクール第3位入賞、1984年同大学を首席で卒業すると同時に、東京フィルハーモニー交響楽団にコンサートマスターとして当時最年少にして入団。その後オランダに留学、シギスヴァルト・クイケンの下、古楽の研鑽を積む。
    現在、デン・ハーグ王立音楽院、ブリュッセル王立音楽院で後進の指導にあたっているほか、ウルビーノ古楽音楽祭や韓国延世大学などに定期的に招かれ、マスタークラスやオーケストラの指導などを行っている。2007年より桐朋学園大学特任教授。ブリュッセル在住。
    レコード受賞歴:1996年レコード・アカデミー賞2000年レコード・アカデミー芸術祭優秀作品賞/2008年レコード・アカデミー(器楽部門)賞/2011年文化庁芸術祭レコード部門優秀賞/2015年東燃ゼネラル音楽賞(現在のENEOS音楽賞)本賞受賞。

  • 高野 昭夫(オーケストラ総支配人・コンサートプランナー) Akio Takano

    1960年富山県富山市生まれ。音楽ジャーナリストであり美学者。國學院大學文学部哲学科を卒業。ドイツに22年以上在住し、ライプツィヒ・バッハ資料財団をはじめ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ミュンヘン・バッハ管弦楽団、ベルリンRIAS室内合唱団ほか、数々の音楽団体の広報やアドヴァイザーを務めている。
    1991年に初渡独。ライプツィヒ大学神学部マルチン・ペッツォルト教授からバッハ時代の様々な資料を得、1700年代前半のトーマス教会礼拝式文を復元した。2000年と2001年に東京文化会館にてバッハ音楽祭が開催された折、音楽祭企画プロデュースを務めた。2021年には自身の出身地である富山に、一般社団法人日本バッハ協会を設立。2023年からはライプツィヒ・バッハ資料財団、ライプツィヒ大学神学部との新プロジェクトであるバッハの教会声楽曲を日本語訳にする中心人物としても活躍、現在はドイツと富山を拠点としてバッハの啓発活動を行う。
    ドイツ連邦ジャーナリスト連盟、ドイツスポークスマン協会、国際ジャーナリスト協会、公益社団法人日本演奏連盟日本記者クラブの各会員。
    2023年よりザルツブルクの国際モーツァルティウム財団の広報に就任。また2024年1月付けでハンブルク市C.P.E.バッハアカデミーの上席広報担当にも就任。

主催

一般社団法人 日本バッハ協会

共催

住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕

一覧に戻る