• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホール ランチタイム・コンサートvol.94
土橋薫(パイプオルガン)
オルガンの響きは、聖なる歌声
●日時
2015年12月14日(月)
●出演者
土橋 薫(パイプオルガン)
日下部吉彦(企画・構成、お話)
●演奏曲目
M.Ch.デ・ヨング:クリスマスのための5つの前奏曲より「神のみこは」
J.ブラームス:「一輪のバラ咲き出で」Op.122-8
J.S.バッハ:「いざ来たれ、異邦人の救い主よ」BWV659
「喜びは主の内に」BWV615
前奏曲とフーガ ハ長調 BWV547
L.C.ダカン:新ノエル集よりX 番 グランジューとデュオのノエル
J.F.ダンドリュー:ノエル「み子、我らに生まれたまいぬ」
J.J.ボーヴァルレ・シャルパンティエ:ノエル「神さま、あなたのお恵みで」
W.ボルコム:ゴスペルプレリュードより 「アメイジンググレイス」
E.ジグー:ノエルによるラプソディー
クリスマスに聴く、パイプオルガンの聖なる調べ
今回のランチタイム・コンサートはクリスマスにちなんだ曲目を中心にお届けします。教会の楽器として知られるパイプオルガンは、その成り立ちからキリスト教の音楽と深く結びついています。曲目は聖夜を祝う宗教歌を意味するノエル、古いドイツの讃美歌に基づいたブラームスの作品など。有名な讃美歌「アメイジング・グレイス」はゴスペル・アレンジが施された演奏でお送りします。いずみホールのパイプオルガンを熟知する関西を代表するオルガニスト土橋薫の演奏で、心安らぐ、豊かな音色のひと時をお楽しみ下さい。
出演者プロフィール
土橋 薫
パイプオルガン
大阪音楽大学ピアノ科及びオルガン科を卒業。東京藝術大学大学院修了。大学院在学中に西ドイツ、ウェストファーレン州立教会音楽学校に奨学金を得て留学し、西ドイツ教会音楽家A資格(オルガン演奏、声楽)を取得。
ドイツを中心とするヨーロッパ各地において演奏活動を行い、好評を博す。日本国内では、いずみホール、ザ・シンフォニーホール、LICはびきの、など大阪を中心に、東京、京都、神戸、その他の各地で多くの演奏会に出演している。なかでも、いずみホール・パイプオルガン・シリーズ、ザ・シンフォニーホールでの「オルガン名曲コンサート」(1994年より2012年の毎年)は、多彩な企画とわかりやすい解説で好評を得た。2012年7月に、いずみシンフォニエッタ大阪とプーランクのオルガン協奏曲を共演。2014年10月にはいずみホールでリサイタルを開催。その他、合唱やオーケストラとの共演も多い。
CD「for you オルガン音楽をあなたに」「SPARKLING ORGAN オルガンのきらめき」「美の都・パリのオルガン芸術」、DVD「パイプオルガン入門」をリリース、好評発売中。(いずれもコウベレックス)
大阪音楽大学、及び甲南女子大学の講師。LICはびきのオルガン講座講師。
日本基督教団島之内教会オルガニスト。日本オルガニスト協会関西支部支部長、日本オルガン研究会会員。
●主催
いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕