• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • 住友生命いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



住友生命いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
躍動するバロック 2020/降り注ぐ愛-J.S.バッハ
古楽最前線!2020 Vol.1 クリストフ・ルセ チェンバロ・リサイタル
●日時
2020年9月10日(木)18時30分開場 19時00分開演
●出演者
クリストフ・ルセ(チェンバロ)
●演奏曲目
ルイ・クープラン:組曲 ニ長調
フランソワ・クープラン:クラヴサン曲集 第2巻より 第8組曲
 女流画家/女流詩人(アルマンド)/クーラント Ⅰ&Ⅱ 風変り (サラバンド)
 ガヴォット/ロンドー/ジーグ/パッサカリア/モラン嬢
J.S.バッハ:フランス風序曲 ロ短調 BWV831
C.P.E.バッハ:ソナタ ニ短調 H.60 (Wq.65-24)
●公演内容
●古楽最前線!躍動するバロック 2020/降り注ぐ愛-J.S.バッハシリーズ内容

※特別レクチャー「ロ短調ミサ」 8月28日(金)※ホテルニューオータニ大阪で開催
Vol.1 9月10日(木) クリストフ・ルセ チェンバロ・リサイタル
Vol.2 9月25日(金) 《ロ短調ミサ》  J.S.バッハ財団合唱団&管弦楽団
Vol.3 10月31日(土) 《マタイ受難曲》 ラ・プティット・バンド
Vol.4 12月10日(木),11日(金) ジャン=ギアン・ケラス 無伴奏チェロ組曲全曲 
Vol.5 2021年2月20日(土) 《ヨハネ受難曲》 バッハ・コレギウム・ジャパン

Vol.1~Vol.5<6公演セット券>〈限定数〉※8/28レクチャーはセット券には含まれません。
受付を終了いたしました

●料金
新型コロナウィルス感染防止対策の一環として、主催公演の座席の間隔をあけて販売しております。このため、座席数が少なくなっております。ご了承ください。

一般 \3,300 学生 \1,650
住友生命いずみホールフレンズ会員 \2,970
残席僅かとなっております。
●発売日
フレンズ:2020年5月29日/一般:2020年6月5日
●お問合わせ
住友生命いずみホール チケットセンター 06-6944-1188
住友生命いずみホールフレンズ優先発売/5月29日(金)11:00~、一般発売/6月5日(金)11:00~
J.S.バッハの真髄を多角的に照らし、鮮明に映しだす『鏡』のプログラム
自身が創設した古楽アンサンブルの指揮者としても活躍目覚ましいクリストフ・ルセですが、彼の真価が発揮されるのは、やはりチェンバロです。22歳で鮮烈なデビューを果たして以来、ソロや室内楽をはじめとした演奏活動に加え、録音にも意欲的に取り組む世界屈指のチェンバロ奏者です。
J.S.バッハをテーマとした本公演で、彼が軸にした楽曲は「フランス風序曲」。ドイツ人であるJ.S.バッハがフランスの音楽からインスピレーションを受けた作品を、フランス人であるルセがどのような解釈を提示してくれるのでしょうか。
そして、コンサート全体のキーワードとなるのが『鏡』です。ルセはオール・バッハ・プログラムにせず、前半ではクープラン一族の楽曲を、後半ではバッハ父子の楽曲を対比するように配置しました。
同時代を生きた大バッハと大クープランのロ短調で括られる楽曲を真ん中に据え、彼らの前の世代であるルイ・クープラン、のちの時代を引き継ぐC.P.E.バッハの楽曲を加え、時代に沿って演奏いたします。
多角的な視点による『鏡のような』プログラムでJ.S.バッハの神髄を鮮やかに浮かび上がらせる、ルセならではの”仕掛け”、どうぞご期待ください。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日6月5日(金)11:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
クリストフ・ルセ(チェンバロ)
Christophe Rousset, Cembalo
1961年フランス生まれ。現在国際的に最も活躍している鍵盤楽器奏者、指揮者。
パリのスコラ・カントルムにてチェンバロをユゲット・ドレフェスに、ハーグ王立音楽院でボブ・ファン・アスペレンに師事。その他、ケネス・ギルバート、クイケン兄弟、グスタフ・レオンハルトらに学ぶ。
1983年第7回ブルージュ国際チェンバロ・コンクールに優勝。その後ウィリアム・クリスティ率いるレザール・フロリサンの通奏低音奏者として活躍し、フランス・バロック・オペラの復活上演に参加する。
1991年指揮者としてデビュー、自身の古楽アンサンブル、レ・タラン・リリクを創設し、バロック、古典派、前ロマン派のレパートリーに力を注いでいる。
名手ひしめく歴史的鍵盤楽器奏者の中で、その実力と注目度の高さにおいて筆頭格であり、リリースした数多くのCDの中、敬愛するバッハの作品類、クープラン、ラモー等、それぞれが高い評価を得ている。
●主催
住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕