• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
ALSOK PRESENTS いずみホール ニューイヤー・コンサート2019
ウィーン・リング・アンサンブル
●日時
2019年1月5日(土)14時30分開場 15時00分開演
●出演者
ウィーン・リング・アンサンブル
 ライナー・キュッヒル(ヴァイオリン) 
 ダニエル・フロシャウアー(ヴァイオリン) 
 ハインリヒ・コル(ヴィオラ) 
 ロベルト・ナジ(チェロ) 
 ミヒャエル・ブラデラー(コントラバス) 
 カール=ハインツ・シュッツ(フルート)
 ダニエル・オッテンザマー(クラリネット) 
 ヨハン・ヒントラー(クラリネット) 
 ロナルド・ヤネシッツ(ホルン)
 <お知らせ> メンバーが当初発表より変更となりました。
       ヴォルフガング・トムベックに代わり、ロナルド・ヤネシッツが出演いたします。
●演奏曲目
F.v.スッペ: オペレッタ「詩人と農夫」序曲
J.シュトラウスⅡ: ワルツ「芸術家の人生」、オペレッタ「こうもり」メドレー
J.シュトラウスⅠ: リストの主題による狂乱のギャロップ
J.シュトラウスⅡ: ワルツ「シトロンの花咲くところ」、常動曲(音楽の冗談)
メンデルスゾーン・メドレー (生誕210年記念)
ヨーゼフ・シュトラウス: 天体の音楽、ポルカ・マズルカ「とんぼ」、ポルカ・シュネル「大急ぎで」
A.ランナー: ワルツ「最初の願い」
ヨーゼフ・シュトラウス: ポルカ・シュネル「ごちゃまぜ料理」
●料金
S¥9,000 A¥7,000  学生¥4,500
いずみホールフレンズ会員 S¥8,100 A¥6,300
●発売日
フレンズ:2018年7月27日/一般:2018年8月3日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター 06-6944-1188
新年を華やかに彩る 極上のアンサンブル
いずみホールの定番、ウィーン・リング・アンサンブルによるニューイヤー・コンサート。創設以来のメンバーである名クラリネット奏者/ペーター・シュミードルが勇退、現ウィーン・フィル首席奏者/ダニエル・オッテンザマーが新たに加わり、華やかに、軽やかにウィーンの調べをお届けします。
 シュトラウス・ファミリーのワルツやポルカ、オペレッタの名曲を散りばめ、メンデルスゾーン生誕210年をお祝いしたメドレーも盛り込んだプログラムをご用意いたしました。ウィーンのトップ・プレイヤーたちによる質の高い演奏だけではなく、時にはクスッと笑える演出を交え、楽しいひとときをお届けいたします。
 若きメンバーを迎えた新生ウィーン・リング・アンサンブルが奏でる色とりどりの舞曲で、花々が咲き誇るウィーンの春を一足お先にご堪能ください。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日8月3日(金)10:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
ウィーン・リング・アンサンブル
Wiener Ring-Ensemble
ウィーンの旧市街を取り巻くこの街ならではのみごとな環状道路、“リング”にちなんで命名されたこのアンサンブルは、まさにウィーンの音楽を演奏するために結成された。
 2016年までウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名コンサートマスターとして同団を率いたライナー・キュッヒルを中心に、ヴァイオリン2人、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、ホルン各1人にクラリネット2人の9人編成で、ウィーン・フィルの腕利きの主要メンバーたちである。
 ウィーン情緒の香り高いシュトラウス・ファミリーやツィーラー、ランナーたちのワルツ、ポルカの演奏は、ウィーンに寄せる彼らの愛情と誇りを痛感させ、聴く者をこの上ない幸福感で満たしてくれる。
 ウィーン楽友協会での年末恒例のコンサート・シリーズでは、1999年以降、ウィーン・リング・アンサンブルの演奏会が毎年ブラームスザールで行われ、地元ウィーン子の絶賛を集めている。2002年夏には、ルツェルン・フェスティバルに招待された。
 日本へは1991年に初来日し、引き続き1993年以降毎年のように来日。ウィーンでの「ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート」に出演後、すぐに日本へ駆けつけてニューイヤー・コンサートを行い、本場の響きと香りをそっくり日本のファンに届けている。
 1998年には長野オリンピック文化・芸術祭参加公演に選ばれ、現地で2回の演奏会を行った。その他、度重なるテレビ放映、CDで、日本でもすっかりおなじみの存在である。29回目の来日となる2019年から、クラリネットにダニエル・オッテンザマー、ホルンにロナルド・ヤネシッツが参加。
●主催
いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕
●協賛
ALSOK