• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
<新・音楽の未来への旅シリーズ>
いずみシンフォニエッタ大阪第39回定期演奏会
超絶のコンチェルト-めくるめく競演-
●日時
2017年7月15日(土)15時15分開場 16時00分開演 18時00分終演予定
●出演者
下野竜也(指揮)
上田 希(クラリネット)、呉 信一(トロンボーン)
古部賢一(オーボエ)、宮本益光(バリトン)
いずみシンフォニエッタ大阪
●演奏曲目
尹伊桑:クラリネット協奏曲(1981)
松本直祐樹:トロンボーン協奏曲(委嘱新作)~関西若手作曲家委嘱プロジェクト第6弾~
ジョン・ウィリアムズ:オーボエ協奏曲(2011)
ハインツ=カール・グルーバー:フランケンシュタイン!!
●料金
¥5,000 学生¥1,000

サポーター2017(第39回+第40回/2018年2月10日開催)
¥8,000 
●発売日
フレンズ:2017年3月31日/一般:2017年4月7日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター06-6944-1188
フレンズ優先発売3月31日(金)10:00~、一般発売4月7日(金)10:00~
聴きどころ
行くぜ、極限の向こう側へ!
笑撃の怪作から真摯と甘美のコンチェルトまで、凄腕たちの新境地

 凄さ、魅せます。いずみシンフォニエッタ大阪がおくる第39回定期演奏会も、関西にゆかり深い名プレイヤーが揃うこの室内オーケストラの本領発揮、超絶技巧の喜びが拓く未知の豊かさを存分に味わっていただける絶好のチャンス。聴けば音の万華鏡に惹きこまれてしまう、興奮必至の挑戦的なプログラムです。
 どんな難曲でも朗らかに磨いてきた楽団の凄腕たち、その畏るべき表現力をさらに深く味わえるコンチェルト
──まずはユン・イサン(尹伊桑)の〈クラリネット協奏曲〉を上田希の鮮やかな独奏で。強靱な精神的エネルギーがみなぎるその音楽には、聴き手の胸をしっかり叩き貫くインパクトに人間的なメッセージが響きます。
──委嘱新作〈トロンボーン協奏曲〉を書き下ろすのは、大阪を拠点に活躍する作曲家・松本直祐樹。作曲を学ぶ前にはトロンボーンを専攻、楽器の可能性も知り尽くした彼が、日本を代表する名手・呉信一を独奏に迎えてどのような驚きを拓いてくれるかお楽しみに。
──古部賢一の独奏が甘美と清冽を磨くジョン・ウィリアムズの〈オーボエ協奏曲〉は、《スター・ウォーズ》《ハリー・ポッター》シリーズなど映画音楽でもお馴染みのあの人が書いた、デリケートな美しさに愛のやどる名品。胸ふかくしみてゆく抒情と豊かな表情と‥‥。
──そして一転、ぶっ飛んだユーモアが炸裂する傑作・HKグルーバー《フランケンシュタイン!!》が関西上陸。タイトルに《!!》と感嘆符が2つもつくのはダテでなく、副題に〈バリトン・シャンソニエ(歌う人)とアンサンブルのための伏魔殿〉とある始末。徹底したポーカーフェイスを指示された演奏家たちが、さまざまなオモチャの楽器も駆使しながら底抜けのギャグと猥雑を連打し続ける本作を、神妙に聴き通すのはまず無理。オペラ風に歌う箇所などほぼ無い状態で大活躍する独唱には、2012年に読売日響が上演した折も作曲家自身の指導を受け、見事な怪演が絶賛を浴びたバリトン・宮本益光が満を持して登場とあらば期待しかない。今回は室内アンサンブル版での貴重な上演、大阪の楽団が全力でみせる〈伏魔殿〉体験、お見逃しなく!
                                         山野雄大(音楽ライター)

「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下 (公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日4月7日(金)10:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
下野竜也
指揮
1969年鹿児島生まれ。2000年東京国際音楽コンクール<指揮>優勝と齋藤秀雄賞受賞、2001年ブザンソン国際指揮者コンクールの優勝で一躍脚光を浴びる。
国内の主要オーケストラに定期的に招かれる一方、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管、チェコ・フィル、シュツットガルト放送響、ロワール管、南西ドイツフィル、シリコンバレー響をはじめとした国際舞台での活躍が目覚ましい。
2006年に読売日本交響楽団初代正指揮者に迎えられ、2013年4月から2017年3月まで同団の首席客演指揮者を務める。その間、2011年には広島ウインドオーケストラ音楽監督、2014年4月には京都市交響楽団常任客演指揮者に就任。2017年4月からは、同団常任首席客演指揮者、広島交響楽団音楽総監督に就任予定。
2002年出光音楽賞、渡邉曉雄音楽基金音楽賞、2006年第17回新日鉄音楽賞・フレッシュアーティスト賞、2007年第6回齋藤秀雄メモリアル基金賞、平成24年度(第63回)芸術選奨文部科学大臣賞、平成25年度第46回MBC賞、2014年度第44回東燃ゼネラル音楽賞奨励賞、2016年南日本文化賞・特別賞などを受賞。鹿児島市ふるさと大使。おじゃんせ霧島大使。
公式ホームページ http://www.tatsuyashimono.com/
上田 希
クラリネット
大阪音楽大学卒・ジュリアード音楽院修士課程修了。99年第68回日本音楽コンクール第1位入賞、その他第5回松方ホール音楽賞大賞他受賞多数。ソリストとして内外のオーケストラとの共演やリサイタルなどで活躍するほか、01年より現代音楽演奏集団next mushroom promotionメンバーとしても活動し、06年にはサントリー音楽財団より佐治敬三賞を受賞、現代音楽の分野でも高い評価を得ている。バルトーク音楽祭(ハンガリー)、武生国際音楽祭(福井)やセルバンティーノ音楽祭(メキシコ)他、国内外の音楽祭に招かれている。現在、大阪音楽大学・京都市立芸術大学の非常勤講師ならびにいずみシンフォニエッタ大阪・ニューヨークリコリッシュアンサンブル・アンサンブル九条山のメンバー。
呉 信一
トロンボーン
大阪音楽大学卒業。大阪フィルハーモニー交響楽団に入団。デットモルト国立音楽大学に留学。大阪文化祭奨励賞、本賞を受賞。20年間にわたる大阪フィルハーモニー交響楽団首席トロンボーン奏者を経て、室内楽やソロの分野で幅広い演奏活動を行い、後進の指導にもあたっている。現在、東京音楽大学教授。京都市立芸術大学名誉教授。大阪芸術大学、相愛大学客員教授。大阪音楽大学、大阪教育大学講師。サイトウ・キネン・オーケストラ、ジャパンブラス・コレクションいずみシンフォニエッタ大阪の各メンバー。ハイブリッドトロンボーン四重奏団主宰。関西トロンボーン協会会長。2014年11月京都市文化功労者受賞。
古部賢一
オーボエ
東京藝術大学在学中の1991年に新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者に就任。柔らかく甘い音色と響き、バロックから現代音楽に至る幅広い様式に対応する柔軟性と優れた音楽性が高い評価を受けており、ソリストとして国内外の数多くのオーケストラと共演。室内楽やリサイタルでも活躍し、ジャンルにとらわれない活躍を続けている。第10回出光音楽賞受賞。東京音楽大学、相愛音楽大学非常勤講師、札幌大谷大学芸術学部の客員教授。「国際オーボエコンクール・軽井沢」「日本音楽コンクール」等の審査員もつとめるなど、後進の指導にも力を入れている。サイトウ・キネン・オーケストラ、いずみシンフォニエッタ大阪各メンバー。
宮本益光
バリトン
東京藝術大学卒業、同大学院博士課程修了。『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロールで衝撃的な二期会デビューを飾り、近年では『鹿鳴館』清原永之輔、『夜叉ヶ池』学円、『こうもり』ファルケ、『チャールダーシュの女王』フェリ、『メデア』イヤソン、『リア』オルバニー公爵、『金閣寺』溝口、『魔笛』パパゲーノ等、常に大舞台で活躍。コンサートでも「第九」や宗教曲で読売日本交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等と共演。古典から現代、邦人作品までレパートリーは幅広く、下野竜也指揮読響「フランケンシュタイン!!」も大きな話題を呼んだ。また演奏のみならず、作詞、訳詞、執筆、企画、演出など多彩な才能を発揮し、創造性溢れるステージで聴衆を魅了している。CD「おやすみ」、「あしたのうた」、「碧のイタリア歌曲」をリリース。聖徳大学音楽学部准教授。二期会会員。
いずみシンフォニエッタ大阪
音楽監督:西村 朗/常任指揮者:飯森範親
プログラム・アドバイザー:川島素晴/ソロ・コンサートマスター:小栗まち絵
現代音楽の演奏を主目的とする、いずみホールのレジデント・オーケストラ。大阪出身の作曲家・西村 朗の提唱により2000年に結成。以来、同ホールでの定期演奏会を主な活動とし、新作の初演をはじめとする近現代作品を中心に、古典派の作品もプログラムに組み、レパートリーを拡大している。核となる編成は1管編成の室内オーケストラで、曲目に応じて変動する。メンバーは、関西在住または出身など、地元にゆかりの演奏家で構成されている。平成13年度大阪舞台芸術賞受賞。CD「西村朗:室内交響曲集<メタモルフォーシス>」(カメラータ)の演奏は好評を博し、2005年度芸術祭優秀賞を受賞した。2005年、2008年と紀尾井ホールにて東京公演を開催し、好評を博した。

【第39回定期演奏会の出演予定者】
ヴァイオリン:小栗まち絵、池川章子、井上隆平、大谷玲子、佐藤一紀、釋 伸司、高木和弘、田辺良子、谷本華子
ヴィオラ:大江のぞみ、竹内晴夫、馬渕昌子
チェロ:林 裕、丸山泰雄/コントラバス:吉田 秀
フルート:安藤史子、森本英希/オーボエ:古部賢一
クラリネット:上田 希、古賀喜比古/ファゴット:中川日出鷹
ホルン:木川博史、村上 哲/トランペット:菊本和昭/トロンボーン:風早宏隆
パーカッション:沓野勢津子、細江真弓、陶山美輝/ピアノ:碇山典子/ハープ:内田奈織 
●主催
いずみホール 〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕
●協賛
助成:公益財団法人花王芸術・科学財団、公益財団法人 野村財団/大阪市助成公演