ランチタイム・コンサート vol.23 長田真実
歌い、魅せる“楽器の王”

※画像をクリックしていただくと、拡大でご覧いただけます。

日時 2024年6月13日(木)
開場 11:00
開演 11:30
終演 13:10 予定
出演者 長田真実(パイプオルガン)
堀 朋平(お話)
演奏曲目 K.ヨハンセン: Encore Ⅰ
J.S.バッハ: 協奏曲 ハ長調 BWV594より 第1楽章
S.カルク=エーレルト: 「かわいいワルツ」
J.ブラームス(編曲 松岡あさひ): 《6つの小品》作品118より「間奏曲」 ほか
料金 全席均一 ¥2,500
フレンズ ¥2,000
◆チケット料金+¥4,000で、贅沢に午後を満喫いただく〈ランチセットプラン〉もご用意しております。

当公演は電子チケット引取サービス 【チケットれすQ】をご利用いただけます。
手数料なしで、お手持ちのスマートフォン、タブレットからQRの受取、入場が可能です。
発売日 フレンズ:2024年2月27日(火)10:30 / 一般:2024年3月6日(水)10:30
お問合わせ 住友生命いずみホールチケットセンター 06-6944-1188

当日券については、主催者にお問合せください。

歌い、魅せる“楽器の王”

いつもホールの上のほうで、じっと鎮座する大きなオルガン。いかつい顔だ、なんて思っていたとしたら、少しもったいないかもしれません。なにしろオーケストラにたとえられる“楽器の王”ですから、無限の音色がひそんでいます。
やわらかなメロディ、ひそやかな囁き、じかに心へと届く“歌”など・・・・・・“楽器の王”に秘められた魅力をぞんぶんに引き出してくれるのが、住友生命いずみホールには5年ぶりの登場となる姫路の若きオルガニスト。バッハなどの古典だけではありません。新たな音色を開花させた近現代の作品もめぐりながら、3623本のパイプをもつ当ホール自慢の楽器を、ゆっくり味わいましょう。

〈ナビゲーター 堀 朋平〉

ホテルニューオータニ大阪 ランチセットプラン(限定数)

コンサートの後はホテルニューオータニ大阪のレストランでランチをお楽しみください!
一般¥6,500
フレンズ¥6,000  ※チケット料金込

◆お申込み時にプランをお選びいただきます。
◆公演チケットとともにレストランクーポンを発券いたします。
◆公演当日13:30~14:00にクーポンご持参のうえ当該レストランへお越しください。
◆公演を鑑賞後、各レストランにてお食事して頂きます。
※クーポンは公演当日のみ有効です。

〔中華プラン〕中国料理 大観苑
前菜、スープ、本日のお料理、北京ダック、点心二種、ご飯もの、デザート

〔洋食プラン〕オールデイダイニング SATSUKI
季節のメイン料理、健康サラダバー、スープ、パン、特撰スイーツ、珈琲、紅茶をビュッフェスタイルで
特製クッキーのお土産つき!

〔和食プラン〕麺処 NAKAJIMA
前菜3種盛り、海老と野菜のかき揚げ、手打ちそば(冷製又は温製)又は温製うどん、いちごショートケーキとミルクジェラート

※食材の入荷状況でメニューの一部が変更になる場合がございます。

出演者プロフィール

  • 長田真実(パイプオルガン)Mami Nagata, Pipeorgan

    姫路市出身。パルナソスホールでパイプオルガンに出会い、初代ホールオルガニストの小榑由布子氏のもとで学び始める。東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。学内において安宅賞およびアカンサス賞を受賞。同大学院音楽研究科を修了し、大学院アカンサス賞を受賞。廣江理枝氏に師事。2012年より渡独し、シュトゥットガルト音楽演劇大学にて、ルドガー・ローマン氏に師事。2016年度文化庁新進芸術家海外研修生を経て、2018年にドイツ国家演奏家資格を取得。
    2011年、第2回バッハ・リスト国際オルガンコンクール(ドイツ)においてリスト最優秀演奏特別賞を受賞。2021年、第7回武蔵野市国際オルガンコンクールにおいて第2位受賞。2015年、第12回ゴットフリート・ジルバーマン国際オルガンコンクール(ドイツ)にて優勝。以来、日本国内のみならずドイツに現存する歴史的楽器を中心とした演奏会より招待を受け、演奏活動を展開。2018年にはドイツ・ゴスラー付近のグラウホフにある歴史的楽器(Treutmann,1734-37年製作)で録音したCDをリリースした。現在は姫路パルナソスホールオルガニストとして、演奏会の企画運営、小学校でのアウトリーチ事業、オルガン一日体験や講座、また子供たちに向けたオルガン公演企画など、オルガンの普及に力を入れている。

  • 堀朋平(企画・構成、お話)Tomohei Hori, Talk

    住友生命いずみホール音楽アドバイザー。国立音楽大学・九州大学ほか非常勤講師。東京大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。近刊『わが友、シューベルト』(アルテスパブリッシング、2023年)。著書『〈フランツ・シューベルト〉の誕生喪失と再生のオデュッセイ』(法政大学出版局、2016年)、共著「バッハキーワード事典』(春秋社、2012年)、訳書ヒンリヒセン「フランツ・シューベルト』(アルテスパブリッシング、2017年)、共訳書バドゥーラ=スコダ『新版モーツァルト演奏法と解釈」(音楽之友社、2016年)、ボンズ『ベートーヴェン症候群』(春秋社、2022年)など。

主催

住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕

一覧に戻る