樫本大進 プレミアム室内楽シリーズ
樫本大進 & エリック・ル・サージュ
シューマン&ブラームス ヴァイオリン・ソナタ・チクルス Vol.2

※画像をクリックしていただくと、拡大でご覧いただけます。

日時 2024年1月31日(水)
開場 18:30
開演 19:00
出演者 樫本大進(ヴァイオリン)
エリック・ル・サージュ(ピアノ)
演奏曲目 J.ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト長調《雨の歌》op.78
A.ディートリッヒ/R.シューマン/J.ブラームス:F.A.E.ソナタ
C.シューマン:3つのロマンス op.22
R.シューマン:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ニ短調 op.121
料金 一般¥7,500
U-30¥2,500
フレンズ¥6,750

1/31「樫本大進&エリック・ル・サージュ」販売終了のお知らせ
ご好評につき予定枚数に達したため、1/20再販売分の取り扱いを終了いたしました。ありがとうございました。
お問合わせ 住友生命いずみホールチケットセンター 06-6944-1188

Message

4つのシューマンとブラームスのソナタのツアーを終え、残る2つのソナタと共に、エリックと私のわくわくする旅は続いていきます。今回のプログラムは、美しい「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番op.78」、偉大な「シューマン:ヴァイオリン・ソナタ 第2番  op.121」、A.ディートリッヒ、ブラームス、シューマンが共同で作曲し、彼らの親しい友人で伝説のヴァイオリニスト、J.ヨアヒムへの贈り物でもある最も興味深い「F.A.E.ソナタ」、そして素敵なクララ・シューマンの「3つのロマンス」。

シューマンとブラームスのソナタの世界を深く掘り下げることは、以前から私が試みたいと思っていた挑戦でした。それは彼らの室内楽や交響曲作品への視野を広げるためでもあったのです。そして予想通り、この2人の天才が人生と音楽を通してお互いに抱いた愛と尊敬や友情の結びつき、その感情や生き方についてより多くの理解をもたらしてくれました。

このブラームス、シューマンチクルスのプロジェクトを、長年の友人であり音楽仲間でもあるエリック・ル・サージュと一緒に演奏することは、光栄であり、大きな喜びです。

樫本大進

 

今回のシューマン&ブラームスチクルス vol.2では、互いにかけ離れた二人の作品群でもひときわ輝く星のような二曲が核となっています。いわば太陽が二つある太陽系を探検していくような仕掛けです。目が眩むほど鮮烈な二曲のうち、一曲目「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 op.78」は全三楽章が静謐な力強さに貫かれ、抒情、平穏、憂愁という構成と、ただ聞き惚れてしまう旋律と永劫に通じる表現がきわだちます。二曲目「シューマン:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 op.121」は、超新星爆発の後の中性子星のように、矛盾する極端なエネルギーに満ちています。変化に富んだ風景、沸き立つエネルギーが全四楽章を生き生きとしたものにし、あちこちにちりばめられた気品に満ちた詩情が印象的です。

頂上となる二曲にふさわしい二つの衛星として、ヨアヒム、ブラームス、シューマンの友情の証として書かれた「F.A.E.ソナタ」と、クララ・シューマンの作品のなかでも特に心を揺り動かす「3つのロマンス」をお贈りします。

こうして再び大進と共演できること、盟友として、ブラームスとヨアヒム、ロベルトとクララ・シューマンの友情と愛と尊敬という旗印のもと演奏することは計り知れない喜びです。

エリック・ル・サージュ

【受付終了】ユースシートにご招待(限定数・先着順)

定員に達しましたので、受付を終了いたしました(2023.10/16)。
小学生~30歳以下の特別価格のU-30チケットをご活用ください。

この公演に小学生から18歳以下の方をご招待します。住友生命いずみホールで音楽を聴いてみませんか。

《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、氏名・年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込開始》一般発売日(10/7)10:30よりメールで受付
《締め切り》公演前日の17時まで(定員に達した時点で締め切り)

ユースシートについての詳細、申込方法等はこちらのユースシートのページをご覧ください。

【限定数/先着】U-30チケットでお得に!

30歳以下のお客様へ特別価格、U-30チケットをご用意いたしました。
U-30チケットはオンライン・チケットサービスのみでの販売です。ご購入方法や条件など詳細は【こちらのページ】も併せてご覧ください。

□当日、生年月日を確認できる証明書を必ずご持参ください。お忘れの場合追加料金が発生します。ご了承ください。
□オンライン・チケットサービス限定販売です。予定枚数に達した時点で販売終了いたします。
□窓口販売・電話予約の受付はございません。
□小学生以上、公演開催月に31歳の誕生日を迎えられる方までが対象です。

出演者プロフィール

  • ⒸKeita Osada (Ossa Mondo A&D)

    樫本大進(ヴァイオリン) Daishin Kashimoto, Violin

    フリッツ・クライスラー、ロン=ティボーの両国際音楽コンクールでの1位など、5つの権威ある国際コンクールで優勝。マゼール、小澤征爾、ヤンソンス、P.ヤルヴィなど著名指揮者のもと、国内外のオーケストラと共演。室内楽でも、クレーメル、堤剛などと共演を重ね、現在、兵庫県で「ル・ポン国際音楽祭~赤穂・姫路」を音楽監督として率いている。主なCDに、ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集(ワーナー・クラシックス)など。2010年にはベルリン・フィル第1コンサートマスターに正式就任。ソリスト活動と並行し、ヨーロッパ楽壇の最前線で活躍している。これまで、恵藤久美子、田中直子、ザハール・ブロン、ライナー・クスマウルに師事。使用楽器は、株式会社クリスコ(志村晶代表取締役)から貸与された1744年製デル・ジェス「ド・ベリオ」。

  • エリック・ル・サージュ(ピアノ) Éric Le Sage, Plano

    南仏のエクサン・プロヴァンス生まれ。パリ国立高等音楽院を17歳で卒業後、ロンドンでマリア・クルチオに師事。1985年ポルト市国際および89年ロベルト・シューマン国際第1位、90年リーズ国際第3位などのコンクール受賞歴を持つ。
    ロサンジェルス・フィル、フィラデルフィア管、トロント響、南西ドイツ放送響、ドレスデン・フィル、エーテボリ響、ロッテルダム・フィル、読響、都響を含む数々のオーケストラと共演。優れた室内楽奏者としても知られ、1993年よりサロン・ド・プロヴァンス国際室内楽音楽祭を主宰。プーランクの室内楽作品全集、シューマンのピアノ曲・室内楽作品全集(2010年ドイツ・レコード批評家賞受賞)、フォーレの室内楽作品全集を含む多数のCDをリリース。フライブルク音楽大学教授。

主催

住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕

一覧に戻る