Yamaha Music Japan PRESENTS
IZUMI JAZZ NIGHT2021 小曽根 真 60TH BIRTHDAY SOLO
OZONE60 CLASSIC×JAZZ

※画像をクリックしていただくと、拡大でご覧いただけます。

日時 2021年12月22日(水)
開場18:30
開演19:00
出演者 小曽根 真(ピアノ)
演奏曲目 当日発表

メッセージ

大切なみなさまへ、

60年前に神戸に生まれてから、今日この場所に辿り着くまでにどれだけ多くの方の愛情とお力添えがあった事でしょうか。僕をこの世界に連れて来てくれた両親、北野タダオさんにはじまりゲイリー・バートンに出会うまでにお会いした多くの恩師の方々、僕という人間と僕の音楽を誰よりも優しく厳しく見守り続けて来てくれた相棒の神野三鈴。そして僕の音楽を聴きたい、と思ってくださる皆さまの尊い愛情なくして今の小曽根真は存在しません。

今日はみなさまにこの感謝の思いをお伝えする日であり、これからも大好きな「音楽」を創り続けます、という約束をする日だと思っています。この「音楽」という素晴らしい言語を通して、これからもずっとずっと皆さんと繋がり続けたいという思いを一音一音に込めて奏でたい。このコロナ禍においてのコンサートの開催を可能にしてくれた素晴らしいスタッフの思いも大切に、今日ここでしか聞くことのできない物語を紡いでいければと思います。

それから……先日、天上から急に呼ばれて旅立ったチック・コリアさんも今日は皆さんと一緒にこの会場のどこかに来て聴いてくれている….と密かな期待を胸に、今は舞台の袖でステージに出る瞬間をワクワクして待っています。どうか今日の音楽が皆さんの心に響いてくれますように……。

Thank you so much and I love you all!!
(2021年3月25日 OZONE60ツアー初日に寄せて)

小曽根 真

ユースシートにご招待 定員になりましたので受付は終了いたしました。

「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に小学生から18歳以下の方をご招待します。
この機会に住友生命いずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日より住友生命いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
ユースシートについて、詳しくはこちらをご覧ください。

出演者プロフィール

  • 小曽根 真

    ピアノ

    1983年バークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。2003年グラミー賞ノミネート。
    チック・コリア、ゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラなど世界的なプレイヤーとの共演や、自身が率いるトリオやビッグ・バンドの活動など、ジャズの最前線で活躍を続けている。また、クラシックにも本格的に取り組み、NYフィル、サンフランシスコ響、シカゴ交響楽団など、国内外のオーケストラと、モーツァルト、ラフマニノフ、プロコフィエフなどの協奏曲の演奏でも高い評価を得ている。さらに、映画音楽など、作曲にも意欲的に取り組み、多彩な才能でジャンルを超え、幅広く活躍を続けている。
    2019年、小曽根真featuring No Name Horses 15周年記念アルバム、「Until We Vanish」をリリース。2020年はコロナ禍の緊急事態宣言期間中、53日間に及ぶ自宅からのライブ配信活動「Welcome to Our Livingroom」 に多くの視聴者を集め話題となった。2021年3月には還暦を迎え、全国都道府県にて’OZONE60’と題してリサイタルを中心にプロジェクトを展開する。
    平成30年度紫綬褒章受章。
    オフィシャル・サイト http://makotoozone.com/ 

主催

住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕

協賛

株式会社ヤマハミュージックジャパン

一覧に戻る