<新・音楽の未来への旅>シリーズ
いずみシンフォニエッタ大阪 第45回定期演奏会
「飛翔する感性」

※画像をクリックしていただくと、拡大でご覧いただけます。

日時 2021年2月6日(土)
開場15:15
開演16:00
出演者 大井剛史(指揮)
上野耕平(サクソフォン)
いずみシンフォニエッタ大阪
演奏曲目 I.ストラヴィンスキー:ダンス・コンセルタント(1942)
J.ヒグドン:ソプラノサクソフォン協奏曲(2005)
酒井健治:Photons(2015)
M.カーゲル:DIVERTIMENTO?(2005-06)

聴きどころ

踊る、輝く、驚かせる‥‥!凄腕揃いの室内オーケストラ、いずみシンフォニエッタ大阪がおくる第45回定期演奏会は、現代音楽の多彩な面白さ・深さ・新しさを追究してきたこの楽団ならではのプログラムで、初めてのかたにも愉しく、聴き巧者の皆さんもうならせる音楽体験をお届けします。
 まずは爽やかに。──洒落ていながらひねりの利いた、聴くほどに味の深まる愉しい傑作を。20世紀の巨匠ストラヴィンスキーが作曲した《ダンス・コンセルタント》(協奏的舞曲)は、あらすじのないバレエを観ているような‥‥クラシックな聴きやすさにも、リズムの巧みや響きのモダンな表情が素敵な逸品です。
 そして美しく。──アメリカ生まれの作曲家、ジェニファー・ヒグドンの〈ソプラノサクソフォン協奏曲〉(2005年)は、詩的な抒情をたっぷりと歌いながら、懐かしさに満ちたサウンドにも現代の感性がクリアに貫かれたコンチェルトです。歌の色つや深いソロの豊かな表現力が、室内オーケストラの親密な厚みや躍動感とも呼応して、心地良い印象を残すはず。
 ソリストに迎える上野耕平は現代サクソフォン界に新境地を拓く優駿。クラシカルな作品の緻密で清新な解釈から現代曲の超絶技巧まで、心身に融かすが如く自在に吹きまくるその演奏は、間違いなく世界クラスです。その彼がもう1曲、酒井健治《Photons》(2015年)でも壮烈に難易度の高い表現を駆けて、魅せます。──大阪生まれ、フランスを拠点に活躍してきた酒井健治の作品は、こだわり抜いた精緻な音はこびに充ちる色豊かなエネルギーとその放射‥‥聴き手を惹きこむ力のみなぎる音世界が高く評価されてきました。フォトン(光の粒子──いわゆる光子)をタイトルに冠した今回の作品、独奏サクソフォンと8楽器という小編成に磨き込まれた表現の極限を、精鋭揃いの演奏陣ならではの、またとない輝きに魅せてくれるでしょう。
 酒井作品の世界初演も手がけ、現代曲や吹奏楽など幅広く活躍する俊英・大井剛史を指揮に迎える今回、最後はアルゼンチン生まれの鬼才・カーゲルの《DIVERTIMENTO?》(2005〜06年)と、これまた実演でなければ分からない必見作品です!──かつて、いずみシンフォニエッタ大阪の実演がテレビで広く紹介され話題になった《フィナーレ》という作品では、演奏中に指揮者がぶっ倒れるアクションをはじめ仰天の仕掛けが常識を揺さぶったのですが、今回もタイトルにはてながついているあたり、昔は〈嬉遊曲〉と訳された古い形式〈ディヴェルティメント〉をどうひっくり返すのか‥‥。副題に〈アンサンブルのためのファルス(=笑劇、茶番)〉とある本作、舞台上で音楽家たちが演じる動きのすべては楽譜に綿密な指示があってのこと。それをきっちり演じきってこその、ユーモアと皮肉と鮮烈な驚き‥‥芸術の最先鋭と笑いの精神を共に深く愛するいずみシンフォニエッタ大阪でなければなし得ない上演を、マエストロ大井の誠実かつしなやかで視野広い指揮と共に。唯一無二が、ここにあります。 山野雄大[ライター(音楽・舞踊評論)]

ユースシートにご招待 定員になりましたので受付は終了いたしました。

「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に小学生から18歳以下の方をご招待します。
この機会に住友生命いずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日より住友生命いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
ユースシートについて、詳しくはこちらをご覧ください。

出演者プロフィール

  • 上野耕平

    サクソフォン

    茨城県東海村出身。8歳から吹奏楽部でサックスを始め、東京藝術大学器楽科を卒業。
    これまでに須川展也、鶴飼奈民、原博巳の各氏に師事。第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門において、史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。2014年11月、第6回アドルフ・サックス国際コンクールにおいて、第2位を受賞。現地メディアを通じて日本でもそのニュースが話題になる。また、スコットランドにて行われた第16回世界サクソフォンコングレスでは、ソリストとして出場し、世界の大御所たちから大喝采を浴びた。2015年9月の日本フィルハーモニー交響楽団定期公演に指揮者の山田和樹氏に大抜擢。この公演は、クラシックサクソフォンの可能性が最大限に引き出され、好評を博す。また2016年4月のB→C公演では、全曲無伴奏で挑戦し高評価を得ている。CDデビューは2014年『アドルフに告ぐ』、2015年にはコンサートマスターを務める、ぱんだウインドオーケストラのCDをリリース。現在、国内若手アーティストの中でもトップの位置をしめ演奏活動のみならず、NHK-FM「×(かける)クラシック」のMCやテレビ「題名のない音楽会」「情熱大陸」など、メディアへの出演も多い。サックスカルテット「The Rev Saxophone Quartet」、吹奏楽「ぱんだウインドオーケストラ」のコンサートマスターとしても活躍中。

  • 大井剛史

    指揮

    1974年生まれ。17歳より指揮法を松尾葉子氏に師事。若杉弘、岩城宏之、レヴァイン、マズア、ジェルメッティ、カラプチェフスキーの各氏から指導を受ける。 東京藝術大学指揮科を卒業後、1999年同大学院指揮専攻修了。1996年安宅賞受賞。2000~01年、仙台フィルハーモニー管弦楽団の副指揮者として研鑽を積み、2007~09年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団にて研修。 2008年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで第2位入賞。 2009~16年までニューフィルハーモニーオーケストラ千葉(現・千葉交響楽団)常任指揮者、2009~13年山形交響楽団指揮者、2013~17年同正指揮者を歴任。現在、東京佼成ウインドオーケストラ正指揮者。このほかほとんどの国内主要オーケストラを指揮し、多彩なレパートリーと誠実な指揮でいずれも高い評価を得ている。 新進作曲家の現代作品や、吹奏楽、オペラ、バレエ、など幅広い分野で意欲的に活動している。 東京藝術大学音楽学部器楽科非常勤講師(吹奏楽)。尚美ミュージックカレッジ専門学校客員教授。

いずみシンフォニエッタ大阪

いずみシンフォニエッタ大阪

音楽監督:西村 朗/常任指揮者:飯森範親
プログラム・アドバイザー:川島素晴/ソロ・コンサートマスター:小栗まち絵
現代音楽の演奏を主目的とする、住友生命いずみホールのレジデント・オーケストラ。
大阪出身の作曲家・西村 朗の提唱により2000年に結成。以来、同ホールでの定期演奏会を主な活動とし、新作の初演をはじめとする近現代作品を中心に、古典派の作品もプログラムに組み、レパートリーを拡大している。核となる編成は1管編成の室内オーケストラで、曲目に応じて変動する。メンバーは、関西在住または出身など、地元にゆかりの演奏家で構成されている。平成13年度大阪舞台芸術賞受賞。
CD「西村朗:室内交響曲集<メタモルフォーシス>」(カメラータ)の演奏は好評を博し、2005年度芸術祭優秀賞を受賞した。2005年、2008年と紀尾井ホールにて東京公演を開催し、好評を博した。

主催

住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕

協賛

助成:公益財団法人 花王芸術・科学財団、公益財団法人 野村財団/大阪市助成公演
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

一覧に戻る