新・音楽の未来への旅シリーズ
いずみシンフォニエッタ大阪 第37回定期演奏会
東西巨匠たちのアニヴァーサリー

日時 2016年7月16日(土)
開場15:15
開演16:00
出演者 飯森範親(指揮)
小栗まち絵(ヴァイオリン)
いずみシンフォニエッタ大阪

15:30~ プレ・コンサート
15:45~ プレ・トーク
演奏曲目 川島素晴:もう一人のエリック(2001)(サティ生誕150年)
武満 徹:トゥリー・ライン(1988)(没後20年)
【試聴する】

伊福部 昭:土俗的三連画(1937)(没後10年)
【試聴する】

ジャック・ボディ:ミケランジェロによる瞑想曲(2007)(没後1年)
【試聴する】

スティーブ・ライヒ:ダブル・セクステット(2007)日本初演(生誕80年)
【試聴する】

※試聴音源の演奏家は、このコンサートの出演者とは異なります。

ユースシートにご招待 定員になりましたので受付は終了いたしました。

「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に小学生から18歳以下の方をご招待します。
この機会に住友生命いずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日より住友生命いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
ユースシートについて、詳しくはこちらをご覧ください。

いずみシンフォニエッタ大阪

いずみシンフォニエッタ大阪

音楽監督:西村 朗/常任指揮者:飯森範親
プログラム・アドバイザー:川島素晴/ソロ・コンサートマスター:小栗まち絵
現代音楽の演奏を主目的とする、いずみホールのレジデント・オーケストラ。
大阪出身の作曲家・西村 朗の提唱により2000年に結成。以来、同ホールでの定期演奏会を主な活動とし、新作の初演をはじめとする近現代作品を中心に、古典派の作品もプログラムに組み、レパートリーを拡大している。核となる編成は1管編成の室内オーケストラで、曲目に応じて変動する。メンバーは、関西在住または出身など、地元にゆかりの演奏家で構成されている。平成13年度大阪舞台芸術賞受賞。
CD「西村朗:室内交響曲集<メタモルフォーシス>」(カメラータ)の演奏は好評を博し、2005年度芸術祭優秀賞を受賞した。2005年、2008年と紀尾井ホールにて東京公演を開催し、好評を博した。

助成

平成28年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

一覧に戻る