いずみホール音楽講座
作曲家・西村朗が案内する クラシック音楽の愉しみ方Ⅲ
「ウィーンの奇跡~アマデウス、ルートヴィヒ&フランツ」

日時 2012年9月28日(金)
開場18:30
開演19:00
出演者 講師:西村朗
   (作曲家、いずみシンフォニエッタ大阪音楽監督、東京音楽大学教授)

演奏:いずみシンフォニエッタ大阪・アンサンブル
     碇山典子(ピアノ)
     中島慎子(ヴァイオリン)
     佐藤一紀(ヴァイオリン)
     竹内晴夫(ヴィオラ)
     林裕(チェロ)
   小玉晃(バリトン)/パブロ・エスカンデ(ピアノ)
演奏曲目 モーツァルト:ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K. 457
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番 ハ長調 op.59-3「ラズモフスキー第3番」より
シューベルト:歌曲集「冬の旅」より
 〈第1曲:おやすみ〉〈第5曲:菩提樹〉〈第24曲:辻音楽師〉     ほか
公演内容 モーツァルトがザルツブルクからウィーンに移り住んだ1781年から、1827年ベートーヴェン、1828年シューベルトが立て続けに亡くなるまでの約50年。音楽創造を一気に高みと深みへと導いた、ウィーンの奇跡の50年間を読み解き、たっぷり味わってみましょう!
西村朗の楽しくも為になるお話で、10月からのウィーン音楽祭 in OSAKA 2012で取り上げられる作曲家たちを先取りチェック!

ユースシートにご招待 定員になりましたので受付は終了いたしました。

「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に小学生から18歳以下の方をご招待します。
この機会に住友生命いずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日より住友生命いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
ユースシートについて、詳しくはこちらをご覧ください。

助成

平成24年度 文化庁 優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業

一覧に戻る