2022.06.20重要

新型コロナウイルス感染予防のためのご利用ガイドライン

2022年6月20日版
住友生命いずみホール

政府や大阪府等の対処方針を踏まえ、適宜改訂を行うものとします。

ホールにおける新型コロナウイルス感染防止対策について

当ホールでは感染予防の観点から以下の項目につきまして主催者様、およびホール共に十分な対策を講じて参りたく、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
なお、本ガイドラインの感染防止策の実施について、より徹底して遵守し、具体的な取り組みを講じてください。

「3つの密(密接・密集・密閉)」を避ける対策の徹底

【公演前の対策】
<公演の企画、運営にあたって>

①   開場・休憩・終演後退館時間に余裕を持ったスケジュールの設定
・開場・終演時の混雑回避のため、時間差入場(入場時間指定)導入のご検討、および規制退場にご協力ください。
・開場時間は極力開演の45分前、または1時間前を設定ください。
 ※ただしホール利用時間にご留意ください。

②   チケットは出来る限り全席前売指定席で開催
・座席交換時など、来場者とスタッフとの濃厚接触、および行列時の密集の回避のため。
・招待者には予めチケットを渡す、精算も事前または事後に済ませるなど、極力当日の受付簡略化を検討ください。
・来場者の氏名、連絡先を把握し、こうした情報が必要に応じて保健所等へ提供され得ることを周知ください。また、来場者情報は一定期間(概ね公演日から1ヶ月間)保持するように努めてください。

③   客席の配席
・公演形態、内容、観客層などを踏まえ、来場者による大声での歓声、声援、唱和などがないことを前提とした公演については、必要となる感染防止対策を総合的に講じた上で、収容定員までの配席数とすることが可能です。
・高齢者や持病のある方が多数来場すると見込まれる公演は、感染時の重症化リスクが高いことから、より慎重な対応を検討ください。
・座席の最前列は、舞台前方で管楽器の演奏を行う場合は、演奏者から最低でも水平距離で2m以上、声楽の場合は歌唱位置から最低でも水平距離で3m以上離す、または同等の効果を有する措置を取ってください。※公演内容によって別途規制あり(下記項目参照)

④   リハーサル、公演時の舞台上の配置(公演形態ごとの対策)
・政府より発表されている「文化施設における感染拡大予防ガイドライン・緊急事態宣言関連等」に掲出されておりますガイドラインをお読みいただき徹底するようお願いいたします。開催時期の発表内容に準じてください。
(文化庁ページ)https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/20200206.html

 

<関係者・出演者への事前案内> ※本ガイドラインを全員に周知徹底ください。

①   入館時間の調整
楽屋口周りの混雑回避のため、段階的な入館をお願いします。

②   入館者リスト
ホール入館する全ての関係者をリストに記入してください。また万が一、感染が疑われる人が出た場合、保健所等の聞き取りに協力し、氏名及び緊急連絡先などの必要な情報提供を速やかに行えるようにご準備ください。

③   マスクの着用、手指消毒の徹底、検温の実施
マスクは各自ご用意の上、館内では正しく常時着用ください。手指消毒、検温実施の上、入館いただきます。

④   来館、出演の可否
公演およびリハーサル当日に、以下のいずれかの症状がある場合は来館、出演を控えるなど、全ての公演関係者に周知徹底してください。
 *平熱と比べて高い発熱、または概ね37.5℃以上の発熱がある。
 *咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、関節・筋肉痛、下痢、吐気・嘔吐の症状がある。
 *新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触者であり、政府所定の待機期間中である。
 *政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴があり、政府所定の待機期間中である、もしくは待機期間中の当該者との濃厚接触がある。

⑤   「大阪コロナ追跡システム」の全員登録 ※QRコードはホールで用意しています。

⑥   サイン会、来場者との面会は極力ご遠慮ください。

⑦   ロビー・ホワイエ・客席内での声出し・音出しはご遠慮ください。

<来場者への事前案内> ※ホールHPにも同様のお知らせを載せております。

来場者に向けて、本ガイドラインに沿った以下の感染防止対策を講じていることを、予めホームページやチケット販売時の案内などで周知徹底ください。

 a.次に該当する方はご来場をお断りいたします。
 *平熱と比べて高い発熱、または概ね37.5℃以上の発熱がある方。(ホール入館時に検温を実施します。)
 *発熱、せき、倦怠感等、風邪の症状が続いた方。体調に不安がある方。
 *新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触者であり、政府所定の待機期間中である方。
 *政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴があり、政府所定の待機期間中である、もしくは待機期間中の当該者との濃厚接触がある方。

b.ホール内では常時マスクをご着用ください。また咳エチケットをご徹底ください。

c.こまめな手洗い、手指の消毒を行ってください。ホール入口およびロビー・ホワイエに消毒液を設置しております。

d.ホール内では周囲の方との距離を保ち、お客様同士の接触、会話は必要最低限に留めてください。また、可能な限りお席でお過ごしください。

e.ホール内では、ご飲食をお断りしております。水分補給や服薬は可能です。(飲料水などはご自身でお持ちください。)
 ※バーコーナー営業中はそちらをご利用いただけます。(お持ち込みのご飲食はお断りしております)

f.演奏後の「ブラボー」など、声援はおやめください。

g.混雑回避のため、入退場時に規制を行う場合があります。

h.混雑回避や、検温・手指の消毒のため、入場に時間がかかる場合があります。時間に余裕を持ってご来場ください。

i.出演者へのプレゼント、花束のお持ち込みは極力お控えください。

j.出演者との面会、楽屋口での入待ち、出待ちは極力お控えください。

k.「大阪コロナ追跡システム」へのご登録をお願いいたします。

l.そのほか、主催者、ホール係員から感染予防についての指示がある場合は、ご協力ください。

ホールの感染防止の取り組み」も、合わせてご確認をお願いいたします。

 

【公演当日の対応】
<ロビー、客席など>

①   お客様対応について
お客様対応をする主催者スタッフは、常時マスクを正しくご着用ください。また、こまめな手洗い、手指の消毒を行ってください。

②受付、および入場時の対応
a.受付用のアクリルパーテーションを用意しております。フェイスシールドや手袋が必要な場合は主催者でご準備ください。
b.お客様が並ぶ際は、密にならないよう、間隔を空けた整列を促してください。(入口付近には足元に標示があります。)
c.入場時にホール入口でサーモグラフィーによる検温を行います。誘導及び発熱者の対応のため、検温スタッフの常駐をお願いします。
d.入場時にマスクを着用していないお客様には、必ずマスクの着用を求めてください。また、マスクを持っていないお客様にはマスクを配布してください。(マスクは主催者でご準備ください。)
  ※身体的事由によりマスクを着用できないお客様の対応は、別途ご相談いたします。

③ロビーでの対応
a.出演者へのプレゼント受付の設置は、極力お控えください。
b.ロビー内でのチケット、CD等の物販は極力お控えください。
  ※プレゼント受付や物販をご検討の場合は、予めホールにご相談ください。
c.ロビーコンサートなど来場者が密集するようなイベントの実施はお断りしております。
d.感染予防対策についての場内アナウンスを用意しております。(別紙参照)
  ※別のアナウンスをされる際は、主催者スタッフで行なってください。
e.大人数での歓談やマスクなしでお話をしているお客様には、個別に注意喚起を行う場合があります。
f.終演後は混雑回避のため、規制退場を実施します。
  ※ホールアナウンスに入っている以外の方法でも結構です。予めご相談ください。
g.アンコール曲の掲示は行いません。※主催者WEB等での告知をお願いいたします。
h.来場者との面会、楽屋口での入り待ちや出待ちでの接触は極力お控えください。
i.体調を崩されたお客様がいた場合は、ホールスタッフと協力して、適切な対応を取ってください。
  ※速やかに救護室へ案内し、医療機関および保健所の指示を受けます。
  ※対応するスタッフはマスク、手袋などを着用してください。

<楽屋、舞台周り>

①入館時の際、体温測定を実施します。
  ※多数の入館者がおられる場合は、楽屋口担当を設置ください。検温の実施、入館時の3密回避のお声掛けや誘導等をお願いいたします。
  ※ホール備品としてサーモ体温計をご用意しております。
  ※発熱者には入館をご遠慮いただきます。主催者スタッフがご対応ください。

②常時マスクの着用、手指消毒、咳エチケットの実施をお願いします。
  ※マスクをお忘れの方の対応は、主催者でお願いします。消毒液は楽屋口と下手袖にあります。

③ 入館後は仕込みやリハーサル時も含め、会話は十分な距離(最低1m)を保つか、同等の効果を有する対策を取ってください。

④   控室、舞台袖などでの3密を避けてください。
a.     同時に多くの人が同一の場所を利用することのないように、使用人数全体を抑えるか、時間差で使用するなどの対策を行ってください。その場合、十分な距離(最低1m)が保てる程度の人数での使用をお願いします。
b.    窓のある控室は窓を開ける、ない楽屋は必要時以外ドアを開けるなど、換気を心がけてください。
c.     楽屋内での飲食は特に感染リスクに気を付け、十分な距離(最低1m)が保てる程度の人数で、席は対面を避け、会話を控えていただくようお願いします。
d.    共有スペースでのケータリングの設営はご遠慮ください。

⑤   公演関係者で体調を崩した人が出た場合は、別室に隔離し、医療機関や保健所へ連絡して指示を仰ぎ、ホールへも報告をしてください。
  ※控室の1つを出演者・スタッフ救護室として設定してください。
  ※対応する方はマスク、手袋などを着用してください。

⑥   公演終了後は速やかに片づけを行い、密集を避けて退館してください。

【公演後の対応】
公演終了後に公演関係者の中で感染者(疑いも含む)が出た場合は、保健所へ連絡後、速やかにホールにご報告をお願いいたします。

≪参照≫

◆「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」
https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/pdf/93489701_01.pdf

◆日本クラシック事業協会「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」
https://www.classic.or.jp/2022/05/4516.html

◆全日本合唱連盟「合唱活動における新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドライン」
https://jcanet.or.jp/news/COVID-19.htm

 

******************

【ホールの感染防止の取り組み】 

清掃の強化
・お客様エリア(ホールロビー、お手洗い、ホワイエの階段、扉、手すり、ソファー)、出演者が使用する控室、楽屋口、舞台周りについて、ウイルスを不活性化する光触媒による抗菌コーティング※を施しております。
(※光触媒コート剤を噴霧:人体には無害で、安全性の高い物質です)
・ 客席は、ウイルスを不活性化するオゾン発生装置による消毒を毎日行っています。(消毒後は、空調を稼働して換気を行っております)

十分な換気の実施
・ 空調により館内には常に外気が取り入れられています。
・ 開場中・休憩中・終演後は、客席扉を開放し、大型送風機を設置して館内の空気を外に送り、外気との入れ換えを行っています。

濃厚接触の防止
・ 状況により、係員によるチケットもぎりを控えさせていただく場合がございます。
・ 喫煙所はご利用いただけません。
・ 状況により、入場者数を制限させていただく場合がございます。※
・ アンコール曲目掲示は取りやめさせていただきます。
・ 出演者との面会、サイン会は取りやめさせていただきます。※
・ プレゼント、花束のお預かりは取りやめさせていただきます。※
(※主催公演以外につきましては、各主催者にお問合せください)

スタッフの対応
・ こまめな手洗いと手指の消毒、検温の実施等、健康管理に留意しております。
・ マスク、フェイスシールド、手袋等を着用させていただく場合がございます。

追跡システムへの参加
・ 「大阪コロナ追跡システム」に参加しております。ロビー掲出のQRコードより、ご来場の記録をお願いいたします。

以上

本ガイドラインの内容は、今後の国や大阪府等の対処方針を踏まえて、必要に応じて適宜改訂を行うものといたします。
ご不明点がございましたら、何なりとお問い合わせくださいませ。

住友生命いずみホール
担当:貸館グループ
06-6944-1049

「新型コロナウイルス感染予防のためのご利用ガイドライン」のPDFファイルは以下よりダウンロードいただけます。