• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • 住友生命いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



日本赤十字社第51回献血チャリティ・コンサート
樫本大進 & エリック・ル・サージュ
●日時
2015年1月13日(火)
●出演者
樫本大進(ヴァイオリン)
エリック・ル・サージュ(ピアノ)
●演奏曲目
フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番イ長調 op.13
プーランク:ヴァイオリン・ソナタ
フォーレ:ロマンス 変ロ長調op.28 
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
フランス音楽の神髄に樫本大進&ル・サージュが挑む。
ベルリン・フィル第1コンサートマスター樫本大進がフランスの実力派ピアニスト、エリック・ル・サージュとのコンビで、フレンチ・プログラムを披露します。いずみホールでは初の顔合わせですが、樫本が音楽監督を務める国際音楽祭《ル・ポン》や、ル・サージュがパユ、メイエと共同で主宰するアンペリ音楽祭など室内楽の分野で共演を重ねています。
最近では1月にリリースされたル・サージュのフォーレ室内楽全集の最後を飾るヴァイオリン作品集で、盟友同士ならではの息の合った演奏を聴かせていており「緊密なアンサンブルで繊細なタッチの音楽を見事に表現している」と高く評価されています。12年に及ぶ共演歴の一つの到達点と言えるでしょう。
今回のプログラムにはアルバムにも収録されているフォーレのほか、フランス近代音楽の系譜を代表するプーランク、フランクのソナタが並びます。それぞれ繊細さ、洒脱さ、雄大さを特徴とする個性豊かな3曲で、フランス音楽の多様性を存分にお楽しみください。
作品を深く読み込む樫本とエスプリ精神を体現するル・サージュ。それぞれ、ベートーヴェン・ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏や、レ・ヴァン・フランセでいずみホールに登場し、高度なテクニックと音楽性は折り紙つき。世界最高峰の二人の新境地にどうぞご期待ください。
ユースシートにご招待
当公演のユースシートは定員に達したため、受付は終了しております。

「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下 (公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
出演者プロフィール
樫本大進
ヴァイオリン
 1979年ロンドン生まれ。1996年のフリッツ・クライスラー、ロン=ティボーの両国際音楽コンクールでの1位など、5つの権威ある国際コンクールにて優勝。
 これまで、マゼール、小澤征爾、ヤンソンスなどの著名指揮者のもと、数々のオーケストラと共演を重ねるほか、室内楽においても、クレーメル、堤剛、パユなど数々のソリストと共演している。
 1995年アリオン音楽賞、1997年出光音楽賞、モービル音楽賞、1998年新日鉄音楽賞フレッシュアーチスト賞、平成9年度芸術選奨文部大臣新人賞、2011年兵庫県文化賞、チェンジメーカー2011クリエーター部門、ドイツに於いてはシュタインゲンベルガー賞、ダヴィドフ賞を受賞。
 2010年、ベルリン・フィル第1コンサートマスターに就任。2013年秋、同オーケストラの本拠地ベルリンでの定期演奏会とそれに続くアジアツアー(指揮サイモン・ラトル)でソリストを務めた。
 また、2010から3年にわたり、ピアノのリフシッツとのベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏および録音プロジェクトに取り組み、その演奏は高い評価を得ている。
 使用楽器は1674年製アンドレア・グヮルネリ。
エリック・ル・サージュ
ピアノ
 1964年エクサン・プロヴァンス生まれ。
 パリ国立高等音楽院に学び、プルミエ・プリ(一等賞)を受賞。室内楽でもプルミエ・プリを獲得し、17歳で卒業。
 85年ポルト国際第1位、同年のリーズ国際第3位、87年ポッツォーリ国際第3位、89年ロベルト・シューマン国際第1位、同年のリーズ国際第3位など多数のコンクール受賞歴を持つ。
 オーケストラのソリストとしての出演も多く、ロサンジェルス・フィル、ロイヤル・スコティッシュ管、ロッテルダム・フィル、ドレスデン・フィル、トゥールーズ・キャピトル国立管、フランス国立管をはじめとする数々のオーケストラと共演。すぐれた室内楽奏者としても知られ、毎年夏に行われるサロン・ド・プロヴァンス室内音楽祭をポール・メイエ(クラリネット)、エマニュエル・パユ(フルート)等と共に主催している。
 CD録音も多く、99年度音楽之友社レコード・アカデミー賞大賞を受賞したプーランクの室内楽全集、ミヨーの室内楽作品集、フランク・ブラレイ(ピアノ)との共演による「2台のピアノのための協奏曲」を含むプーランクの協奏曲集(ステファン・ドゥヌーヴ指揮リエージュ国立フィルハーモニー管弦楽団)およびモーツァルトのデュオ作品集をリリース、メイエとの共演によるブラームスのソナタ集(ピアノ・ソナタ第3番を含む)をリリースしているほか、シューマンのピアノ作品および室内楽作品の全曲録音を完成させ極めて高い評価を獲得している。また、フォーレの室内楽作品全集の録音が樫本大進とのデュオで完結している。
●主催
いずみホール[一般財団法人 住友生命福祉文化財団]
Sony Music Foundation[公益財団法人 ソニー音楽財団]
●協賛
ミキモトグループ