• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • 住友生命いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



住友生命いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
シューベルト 交響曲全曲演奏会④「永遠(とわ)の高みへ」
山田和樹×大阪フィルハーモニー交響楽団
●日時
2022年9月12日(月)19時00分開演
●出演者
山田和樹(指揮)
小林美樹(ヴァイオリン)
大阪フィルハーモニー交響楽団
●演奏曲目
〔開演20分前から山田和樹と堀朋平によるプレトークあり〕
シューベルト:ヴァイオリン小協奏曲 ニ長調 D345    
       交響曲 第8番 ハ長調 D944 「ザ・グレート」
●料金
単独券:一般=¥6,600 学生¥3,300 住友生命いずみホールフレンズ会員=¥5,940
4公演セット券(限定数)=\24,000、住友生命いずみホールフレンズ会員=¥21,600
 (セット券取り扱い:住友生命いずみホールチケットセンターおよびオンラインチケットサービス)
●発売日
フレンズ:2022年5月27日/一般:2022年6月3日
●お問合わせ
住友生命いずみホールチケットセンター 06-6944-1188
演奏会に寄せて―  堀 朋平(住友生命いずみホール音楽アドバイザー)
気のおけぬ仲間とのアマチュア・オーケストラから走りだしたシューベルトの交響曲。やがて深い抒情と独創への野心があわさって、史上かつてないスケールの作品が生まれていきます。
 8つの完成作にオペラの序曲と協奏曲を加えることで、汗が飛ぶ劇場のスリル、メルヒェンのような異界、神なる山麓のざわめき、そして宇宙の鳴動までもが、住友生命いずみホールから響きだすことでしょう。人なつこい子供の眼で外界とむきあい、短いながらも劇的な成長をとげた一人の青年作曲家。その足跡をじっくり辿ることで、厳しい時代を生きる私たちも、心を“再充電”しようではありませんか!
 全公演のタクトをとる山田和樹は、有史以前からつづく宇宙と生命の営みに思いを馳せ、日本の「一期一会」を大切にする思索家。そんなマエストロを中心に、大阪の4大オケが集ってくれます。ここに生まれる“星座”はどんな形を作るでしょうか?


「永遠(とわ)の高みへ」――

 この人の筆からこれほど晴朗なシンフォニーが生まれたことは、壮挙……いえ奇跡と呼ぶべきでしょう。
20代後半のシューベルトは、ほぼ全ジャンルにわたって一世一代の飛躍を遂げようと努力していました。ピアノ・ソナタ、弦楽四重奏曲、男性重唱曲、そしてミサ曲……着実に進められていたステップの頂点に位置するプロジェクト、それが「大交響曲」だったのです。
1825年、初夏のザルツブルク地方にひろがる景観のもとで書き進められた交響曲には、大自然と一体化する喜びが歌われています。ここに開かれた広大な音響空間は、のちにシューマンを心の底から感動させ、文字どおり後世の起爆剤となったのです。

 そして前半には、たいへん貴重な「シューベルトのコンチェルト」を。兄が弾くヴァイオリンのために19歳で書かれたというこの小品にも、オーケストラを鳴らす喜びが沸き立っています。“さすらい人シューベルト”が一瞬みせた、満面のほほ笑み──その多幸を、ここ大阪の秋空のもとでともに味わいませんか?
4公演+9/11レクチャーご招待付きセット券(限定数)
シューベルト交響曲全曲演奏会 指揮:山田和樹
Vol.1 9月8日(木)19時開演 関西フィルハーモニー管弦楽団/第1番、ホ長調断章、第7番「未完成」 
Vol.2 9月9日(金)19時開演 大阪交響楽団/第2番、第6番、第4番「悲劇的」
Vol.3 9月10日(土)16時開演 日本センチュリー交響楽団/《アルフォンゾとエストレッラ》序曲、第3番、第5番
Vol.4 9月12日(月)19時開演 大阪フィルハーモニー交響楽団、小林美樹(vn)/ヴァイオリン小協奏曲、第8番「ザ・グレート」

●9月11日(日)15時開演 レクチャー・コンサート「シンフォニーは一夜にしてならず」ご招待付き
 4公演セット券(限定数)=\24,000、住友生命いずみホールフレンズ会員=¥21,600
  セット券発売日 フレンズ優先発売=2022年3月25日(金)/一般発売=2022年4月1日(金)
  取り扱い:住友生命いずみホールチケットセンターおよびオンラインチケットサービス
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会に住友生命いずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日2022年6月3日(金) 住友生命いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
山田和樹
Kazuki YAMADA(conducter)
第51回(2009年)ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。ほどなくBBC交響楽団を指揮してヨーロッパ・デビュー。同年、ミシェル・プラッソンの代役でパリ管弦楽団を指揮。以降、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ドレスデン)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、エーテボリ交響楽団、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団など世界の主要オーケストラに客演を重ねている。
2017年にはベルリン・コーミッシェ・オーパーで《魔笛》、モンテカルロ歌劇場で《サムソンとデリラ》、《ヴォツェック》を指揮して高い評価を得るなど、オペラの分野でも活躍。
2014/2015年にアメリカ・デビュー、2015/2016年にはオセアニア・デビュー。
2021年にはサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団デビューを成功させ、再客演が予定されている。

2012年から2018年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者を務めた他、2016/17シーズンから、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督に就任。2018/2019シーズンから首席客演指揮者を務めるバーミンガム市交響楽団では、2023年4月から首席指揮者兼アーティスティックアドバイザーに就任することが発表された。
日本では、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、読売日本交響楽団首席客演指揮者、東京混声合唱団音楽監督兼理事長、学生時代に創設した横浜シンフォニエッタの音楽監督としても活動している。

小澤征爾氏の信頼厚く、2010年に指名代役としてスイス国際音楽アカデミーを指揮。以降参加を重ねる他、2012年にはサイトウ・キネン・フェスティバル松本でオネゲル作曲《火刑台上のジャンヌ・ダルク》を指揮、同時期にサントリー芸術財団サマーフェスティバルでクセナキス作曲《オレステイア三部作》を指揮し、獅子奮迅の活躍が好評を博した。2014年7月にはスイス・ロマンド管弦楽団15年ぶりとなる日本公演を、2016年にはバーミンガム市交響楽団日本公演を成功に導いた。

東京藝術大学指揮科で松尾葉子・小林研一郎の両氏に師事。
出光音楽賞、渡邉暁雄音楽基金音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、実行委員会代表を務めた『柴田南雄生誕100 年・没後20年 記念演奏会』が平成28年(2016年)度文化庁芸術祭大賞、日本フィルハーモニー交響楽団と3年に亘り行った『山田和樹マーラー・ツィクルス』が第67回(2017年)芸術選奨文部科学大臣新人賞など受賞多数。
2019年には、世界各国206の国歌を現地語でレコーディングするという“アンセム・プロジェクト”を東京混声合唱団と完結しキングレコードからリリースした他、オクタヴィア・レコード、PENTATONE、EXTON、日本コロムビア(DENON)などから多くのCDを発表。
著述に『「超」音楽対談 オーケストラに未来はあるか』(対談・アルテスパブリッシング刊)、『「自由」の危機 ―息苦しさの正体』(論考集・集英社新書)などがある。

本質に迫るとともにファンタジーあふれる音楽づくり、演奏家たちと一体になって奏でるサウンドは、音楽の喜びと真髄を客席と共有し熱狂の渦に巻き込む。名実ともに日本を代表する人気マエストロである。
ベルリン在住。
小林美樹
Miki Kobayashi(Violinist)
レオポルド・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクールにてギドン・クレーメル氏より審査員特別賞を受賞後、5年に一度ポーランドで行われ伝統と格式あるヴィエニャフスキー国際ヴァイオリンコンクールで第2位を受賞。確固たるテクニックにもとづく、歌心豊かな大きな演奏と艶やかな美音で常に注目を集めて来た。N響はじめ国内主要オーケストラ、さらにはウィーンフィルメンバーと共演する他、名手ヴェンゲーロフや国内外の多くの指揮者からの信頼も厚い。室内楽にも力を発揮するほかNHKはじめ「題名のない音楽会」などTVにも度々出演し多くのファンを獲得している。出光音楽賞の受賞歴や「レコード芸術」誌の特選盤を含む4枚のCDがリリースされている。徳永二男氏、パヴェル・ヴェルニコフ氏に師事し桐朋学園ソリスト・ディプロマコースの特待生からウィーン私立音大で学んだ。
大阪フィルハーモニー交響楽団
Osaka Philharmonic Orchestra
1947年朝比奈隆を中心に「関西交響楽団」という名称で創立、1960年改称。創立から2001年までの55年に亘り朝比奈隆が音楽総監督・常任指揮者を務めた。大植英次音楽監督時代には「星空コンサート」「大阪クラシック」といった大型プロジェクトで注目を集め、2014~2016シーズンは井上道義を首席指揮者に迎え、「ショスタコーヴィチ/交響曲第4番」「交響曲第7番」「交響曲第11番」の録音で高い評価を得た。2018年4月、尾高忠明が音楽監督に就任。現在、フェスティバルホール(大阪・中之島)を中心に全国各地で演奏活動を展開している。2017年度文化庁芸術祭・優秀賞受賞。2017・2018年度関西音楽クリティック・クラブ賞本賞、大阪文化祭賞を二年連続で受賞。2021年「シベリウス/交響曲第2番」「ショスタコーヴィチ/交響曲第2番、第3番」「ブルックナー/交響曲第9番」を相次いでリリース。2022年、創立75周年を迎えた。
オフィシャル・ホームページ http://www.osaka-phil.com
●主催
住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕、大阪フィルハーモニー交響楽団