• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • 住友生命いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



シューベルト 交響曲全曲演奏会 特別企画 レクチャー・コンサート
「シンフォニーは一夜にしてならず」
●日時
2022年9月11日(日)14時00分開場 15時00分開演
●出演者
堀 朋平(お話)
佐藤卓史(ピアノ、お話)、石橋栄実(ソプラノ)
福西 仁(テノール)、清木ナツキ(フルート)
●演奏曲目
喪失と楽園― 「未完成」の部
 《あるメヌエットの放蕩息子とおぼしきトリオ》D610
 《ズライカI》D720/《わすれなぐさ》D792/《菩提樹》D911/5
 《美しき水車小屋の娘》D795より/《しおれた花の変奏曲》D502

山麓がきこえる― 「大ハ長調」の部
 《楽興の時》第1番D760/1/《太陽の都I》D753/《太陽の都II≫D754
 《夜咲すみれ》D752/《エレンの歌III(アヴェ・マリア)》D839
 ピアノ・ソナタD850/《郷愁》D851(初稿)/《全能》D852
●料金
600名様をご招待いたします(要・事前申し込み 2022年8/10(水)必着)

メールもしくは往復ハガキで、以下①~④を必ずご明記の上、ご応募ください。
①お名前(ふりがな)②ご住所③電話番号④メールアドレス
1通につき、1名様をご招待いたします。応募多数の場合は、抽選になります。

<メール応募>
メールの場合は、必ず件名を「シューベルト・レクチャー」とし、kikaku@izumihall.jpまで①~④の情報をお送り下さい。
※@izumihall.jpからのメールをご受信いただけるよう、設定をお願いいたします。


<往復ハガキ応募送付先>
〒540-0001 大阪市中央区城見1-4-70
住友生命いずみホール シューベルト・レクチャー H係
①~④の情報を往信面裏面にご記入のうえ、お送り下さい。
(ちらしの記入見本をご参照ください)


※シューベルト交響曲全曲演奏会 4公演セット券(限定数)ご購入の方は、お申し込み不要です。
※頂戴した個人情報は結果通知と当日運営にのみ使用し、住友生命いずみホールが責任をもって管理いたします。
●お問合わせ
住友生命いずみホール企画部 06-6944-1130
シンフォニーは一夜にしてならず
 一夜にして書かれたようなシンフォニーもあった。16歳から伸び伸びと走っていた筆致は、しかし劇的な変化をとげる。まるで “世界” そのものの重みを背負わせるかのように人を震撼させ、やがて天上へと帰昇するその音調。第7番《未完成》は“喪失と楽園”をめぐる歌曲のドラマなくしては成立しえなかった。
 その3年後、次なるシンフォニーは湖水と山岳に包まれて書き進められた。このうえなく晴朗で、奇跡的な多幸に満ちた第8番《大ハ長調》――“さすらいの作曲家”が一瞬だけみせた満腔のほほえみには、神と融合せんばかりの崇高な歌曲がこだまする。
 史上随一の「歌曲作曲家」が辿りついた2つの大作。その背景を5人の音楽家が解き明かします。トークを交えながら、シンフォニーの背景となる名作をたどる……他では絶対に味わえない昼下がりをお楽しみに。

(堀 朋平)

4公演+9/11レクチャーご招待付きセット券(限定数)
シューベルト交響曲全曲演奏会 指揮:山田和樹
Vol.1 9月8日(木)19時開演 関西フィルハーモニー管弦楽団/第1番、ホ長調断章、第7番「未完成」 
Vol.2 9月9日(金)19時開演 大阪交響楽団/第2番、第6番、第4番「悲劇的」
Vol.3 9月10日(土)16時開演 日本センチュリー交響楽団/《アルフォンゾとエストレッラ》序曲、第3番、第5番
Vol.4 9月12日(月)19時開演 大阪フィルハーモニー管弦楽団、小林美樹(Vn)/ヴァイオリン小協奏曲、第8番「ザ・グレート」

4公演セット券(限定数)=\24,000、住友生命いずみホールフレンズ会員=¥21,600
  セット券発売日 フレンズ優先発売=2022年3月25日(金)/一般発売=2022年4月1日(金)
   取り扱い:住友生命いずみホールチケットセンターのみ
出演者プロフィール
堀 朋平
お話
住友生命いずみホール音楽アドバイザー。国立音楽大学ほか講師。東京大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。近刊『わが友、シューベルト』(アルテスパブリッシング、2022年)。著書『〈フランツ・シューベルト〉の誕生──喪失と再生のオデュッセイ』(法政大学出版局、2016年)、共著『バッハ キーワード事典』(春秋社、2012年)、訳書ヒンリヒセン『フランツ・シューベルト』(アルテスパブリッシング、2017年)、共訳書バドゥーラ=スコダ『新版 モーツァルト──演奏法と解釈』(音楽之友社、2016年)、ボンズ『ベートーヴェン症候群』(春秋社、2022年)。
佐藤卓史
ピアノ、お話
高校在学中の2001年、日本音楽コンクールで第1位。東京藝術大学を首席で卒業後渡欧、ハノーファー音楽演劇大学ならびにウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。その間、2007年シューベルト国際コンクール第1位、2010年エリザベート王妃国際コンクール入賞、2011年カントゥ国際コンクール第1位など受賞多数。N響、東響、日本フィル、大阪響、広島響、ベルギー国立管などと共演。
レコーディング活動にも力を入れており、日本と欧州で多数のCDを発表。2014年より「佐藤卓史シューベルトツィクルス」を展開、ライフワークとしてシューベルトのピアノ曲全曲演奏に取り組んでいる。室内楽、作編曲など幅広い分野で活躍している。
www.takashi-sato.jp
●主催
住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕
●協賛
助成:大阪府芸術文化振興事業