• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • 住友生命いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



住友生命いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
シューベルト 交響曲全曲演奏会②「奔流」
山田和樹×大阪交響楽団
●日時
2022年9月9日(金)19時00分開演
●出演者
山田和樹(指揮)
大阪交響楽団
●演奏曲目
〔開演20分前から山田和樹と堀朋平によるプレトークあり〕
シューベルト:交響曲 第2番 変ロ長調 D125    
       交響曲 第6番 ハ長調 D589     
       交響曲 第4番 ハ短調 D417 「悲劇的」
●料金
単独券:一般=¥6,600 学生¥3,300 住友生命いずみホールフレンズ会員=¥5,940
4公演セット券(限定数)=\24,000、住友生命いずみホールフレンズ会員=¥21,600
 (セット券取り扱い:住友生命いずみホールチケットセンターおよびオンラインチケットサービス)
●発売日
フレンズ:2022年5月27日/一般:2022年6月3日
●お問合わせ
住友生命いずみホールチケットセンター 06-6944-1188
演奏会に寄せて―  堀 朋平(住友生命いずみホール音楽アドバイザー)
気のおけぬ仲間とのアマチュア・オーケストラから走りだしたシューベルトの交響曲。やがて深い抒情と独創への野心があわさって、史上かつてないスケールの作品が生まれていきます。
 8つの完成作にオペラの序曲と協奏曲を加えることで、汗が飛ぶ劇場のスリル、メルヒェンのような異界、神なる山麓のざわめき、そして宇宙の鳴動までもが、住友生命いずみホールから響きだすことでしょう。人なつこい子供の眼で外界とむきあい、短いながらも劇的な成長をとげた一人の青年作曲家。その足跡をじっくり辿ることで、厳しい時代を生きる私たちも、心を“再充電”しようではありませんか!
 全公演のタクトをとる山田和樹は、有史以前からつづく宇宙と生命の営みに思いを馳せ、日本の「一期一会」を大切にする思索家。そんなマエストロを中心に、大阪の4大オケが集ってくれます。ここに生まれる“星座”はどんな形を作るでしょうか?



「奔流」――


「若書き」という言葉は便利ながら、わきたつ多様性をひと括りにしがち。
                      
 最初の交響曲で達成された完璧なバランス感をあえて崩し、翌年のシューベルトは音の“奔流”へと身を投げ入れます。各テーマの拍節感や調配置など、さまざまな点でアン‐バランスを追求した《第2番》は、17歳の衝動を知る最上の音楽。抜群の人気をほこる初期作品です。こうした“ノリ”は、当時のウィーンを席巻したイタリア熱と交わって、さらに渦巻いていきます。身を揺すりながら体中で音楽を楽しむロッシーニ風のスタイルが結晶した《第6番》に、シューベルトのカラっとした一面を楽しむことができるでしょう。

 陽光まぶしい「ハ長調」の裏側には、しかしドイツ風の沈鬱な「ハ短調」があります。自らのペンで「悲劇的」と題された《第4番》に匂い立ってくるのは、まぎれもないベートーヴェンの音楽哲学。人を無慈悲にもてあそぶ“運命”と、それを乗り越えた先にある“自由”──当時のドイツ語圏を席巻していた悲劇思想は、シューベルトの創作にも爪痕を残していたのです。「偶数番号の交響曲は、軽め」という臆見はお忘れになって、重厚な2・4・6をご体感ください。
4公演+9/11レクチャーご招待付きセット券(限定数)
シューベルト交響曲全曲演奏会 指揮:山田和樹
Vol.1 9月8日(木)19時開演 関西フィルハーモニー管弦楽団/第1番、ホ長調断章、第7番「未完成」 
Vol.2 9月9日(金)19時開演 大阪交響楽団/第2番、第6番、第4番「悲劇的」
Vol.3 9月10日(土)16時開演 日本センチュリー交響楽団/《アルフォンゾとエストレッラ》序曲、第3番、第5番
Vol.4 9月12日(月)19時開演 大阪フィルハーモニー交響楽団、小林美樹(vn)/ヴァイオリン小協奏曲、第8番「ザ・グレート」

●9月11日(日)15時開演 レクチャー・コンサート「シンフォニーは一夜にしてならず」ご招待付き
 4公演セット券(限定数)=\24,000、住友生命いずみホールフレンズ会員=¥21,600
  セット券発売日 フレンズ優先発売=2022年3月25日(金)/一般発売=2022年4月1日(金)
  取り扱い:住友生命いずみホールチケットセンターおよびオンラインチケットサービス
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会に住友生命いずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日2022年6月3日(金) 住友生命いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
山田和樹
Kazuki YAMADA(conducter)
第51回(2009年)ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。ほどなくヨーロッパ・デビュー、以降ドレスデン国立歌劇場管、パリ管、フィルハーモニア管、ベルリン放送響、サンクトペテルブルグ・フィル、チェコ・フィル、サンタ・チェチーリア管、エーテボリ響、など各地の主要オーケストラで客演を重ねている。2017年にはベルリン・コーミッシェ・オーパーで《魔笛》、モンテカルロ歌劇場で《サムソンとデリラ》、《ヴォツェック》を指揮して高い評価を得るなど、オペラの分野でも活躍。
 2012年からスイス・ロマンド管の首席客演指揮者を務めた他、2016/17シーズンから、モンテカルロ・フィル芸術監督兼音楽監督に就任。2018/2019シーズンから首席客演指揮者を務めるバーミンガム市響では、2023年4月から首席指揮者兼アーティスティックアドバイザーに就任することが発表された。日本では、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、読売日本交響楽団首席客演指揮者、東京混声合唱団音楽監督兼理事長、横浜シンフォニエッタの音楽監督としても活動している。
 東京藝術大学指揮科で松尾葉子・小林研一郎の両氏に師事。
本質に迫るとともにファンタジーあふれる音楽づくり、演奏家たちと一体になって奏でるサウンドは、音楽の喜びと真髄を客席と共有し熱狂の渦に巻き込む。名実ともに日本を代表する人気マエストロである。ベルリン在住。
大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
1980年「大阪シンフォニカ-」として創立。創設者である、永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」と評されている。

 2001年1月に、楽団名を「大阪シンフォニカ-交響楽団」に、2010年4月「大阪交響楽団」に改称した。2022年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。

 2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 CEO(当時)樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。 2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした
楽団公式ホームページ(http://sym.jp)
●主催
住友生命いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕、大阪交響楽団
●協賛
助成:大阪府芸術文化振興事業