• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • 住友生命いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



モーツァルト-歌い継ぐ、至純の音 特別企画
レクチャー&コンサート「モーツァルトの楽園」
●日時
2021年4月23日(金)18時30分開場 19時00分開演
●出演者
久元祐子(ピアノ、お話)
堀 朋平(お話)
●演奏曲目
お話「愛とはどんなもの?」
     ピアノ・ソナタ 第1番 ハ長調 K.279より第2楽章 Andante
     ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調 K.309より第2楽章 Andante un poco adagio
     ピアノ・ソナタ 第8番 ニ長調 K.311より第2楽章 Andante con espressione
お話「傷と楽園」
     ピアノ・ソナタ 第9番 イ短調 K.310
お話 「深まるドラマ」
     幻想曲 ハ短調 K,475
     ピアノ・ソナタ 第16番 ハ長調 K.545より第2楽章 Andante
     ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466第2楽章 Romanzeより
お話「チクルスの中の楽園」
     弦楽五重奏曲 第3番 ト短調 K.516より第3楽章 Adagio ma non troppo ※ピアノ連弾

●料金
無料ご招待(400名/要・事前申し込み)

【応募方法】 往復ハガキに①お名前(フリガナ)②ご住所③電話番号を記入し、下記宛送付。  
         4月5日(月)必着。1枚につき1名ご招待。400名ご招待。
【送付先】 〒540-0001 大阪府大阪市中央区城見1-4-70
       住友生命いずみホール 「モーツァルト レクチャー&コンサート」係
※応募多数の場合は抽選になります。
※頂戴した個人情報は、結果通知と当日運営にのみ使用し、住友生命いずみホールが責任を持って管理させて頂きます。
●お問合わせ
住友生命いずみホール 企画部 06-6944-1130 (平日10:30~17:30)
モーツァルトー歌い継ぐ、至純の音 シリーズラインナップ
「深まる思索」 2021年6月30日(水)
 ハーゲン・クァルテット 
「心の迷宮へ」2021年8月6日(金)
 神尾真由子 with Friends
  神尾真由子、滝千春(ヴァイオリン)/横溝耕一、瀧本麻衣子(ヴィオラ)/横坂源(チェロ)
  コハーン・イシュトヴァーン(クラリネット)/木川博史(ホルン)
「いろどり華やかに」 2021年9月3日(金) 
 ワルター・アウアー(フルート)/吉野直子(ハープ)/井上道義(指揮)/大阪フィルハーモニー交響楽団 
「親密に、ドラマチックに」 2021年10月13日(水)
 ユリアン・プレガルディエン(テノール)/中江早希(ソプラノ)
 クリスティアン・ベザイデンホウト(フォルテピアノ)
「みずみずしく、楽器は語る」2021年11月20日(土)
 イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)/イル・ジャルディーノ・アルモニコ
「彗星のように」 2022年3月16日(水) 
 クリスティアン・ベザイデンホウト(指揮・フォルテピアノ・お話)/フライブルク・バロック・オーケストラ
 堀 朋平(お話)
モーツァルト—歌い継ぐ、至純の音 シリーズ紹介動画
出演者プロフィール
久元祐子
ピアノ・お話
東京藝術大学卒業、同大学院修了。ウィーン放送響、ラトヴィア国立響、読響、新日本フィルなど内外のオーケストラと多数共演。プレイエル(1843年製)、ブロードウッド(1810年頃製)など19世紀のピアノを所蔵し、歴史的楽器の演奏・研究にも取り組む。2011年ウィーンでのリサイタルはオーストリアのピアノ専門誌の表紙を飾り、日本人で唯一ベーゼンドルファー・アーティストの称号を受ける。イタリア国際モーツァルト音楽祭に度々招かれリサイタルを開催。「優雅なるモーツァルト」(毎日新聞CD特薦盤、レコード芸術特選盤)などCD14作をリリースし、「ベートーヴェン:テレーゼ、ワルトシュタイン」はグラモフォン誌上「どこからどう考えても最高のベートーヴェン」など高い評価を受ける。園田高弘賞、毎日21世紀賞など受賞。著書に《モーツァルトのピアノ音楽研究》(音楽之友社)など。国立音楽大学・大学院教授、ベーゼンドルファー・アーティスト。
http://www.yuko-hisamoto.jp/
堀 朋平
お話
住友生命いずみホール音楽アドバイザー。国立音楽大学ほか講師。東京大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。在学中、ウィーン音楽演劇大学に遊学。著書『〈フランツ・シューベルト〉の誕生――喪失と再生のオデュッセイ』(法政大学出版局、2016年)、共著『バッハ キーワード事典』(春秋社、2012年)、訳書ヒンリヒセン『フランツ・シューベルト』(アルテスパブリッシング、2017年)、共訳書バドゥーラ=スコダ『新版 モーツァルト――演奏法と解釈』(音楽之友社、2016年)ほか。シューベルト論の続編を準備中。
●主催
住友生命いずみホール[一般財団法人住友生命福祉文化財団]