• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • 住友生命いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



躍動するバロック 2020/降り注ぐ愛-J.S.バッハ
古楽最前線!2020 レクチャー
《ロ短調ミサ》の謎と魅力
●日時
2020年8月28日(金)18時30分開場 19時00分開演
●出演者
富田 庸(バッハ研究家、ベルファスト・クイーンズ大学音楽学部教授)
●公演内容
●会場
ホテルニューオータニ大阪



●古楽最前線!躍動するバロック 2020/降り注ぐ愛-J.S.バッハシリーズ内容

※特別レクチャー「ロ短調ミサ」 8月28日(金)※ホテルニューオータニ大阪で開催
Vol.1 9月10日(木) クリストフ・ルセ チェンバロ・リサイタル
Vol.2 9月25日(金) 《ロ短調ミサ》  J.S.バッハ財団管弦楽団&合唱団
Vol.3 10月31日(土) 《マタイ受難曲》 ラ・プティット・バンド
Vol.4 12月10日(木),11日(金) ジャン=ギアン・ケラス 無伴奏チェロ組曲全曲 
Vol.5 2021年2月20日(土) 《ヨハネ受難曲》 バッハ・コレギウム・ジャパン
●料金
150名を無料ご招待します。(要事前申し込み)

往復ハガキに①お名前(フリガナ)②ご住所③電話番号をご記入の上、
下記宛にお送りください。 
  〒540-0001大阪府大阪市中央区城見1-4-70
  住友生命いずみホール「レクチャー《ロ短調ミサ》の謎と魅力」係

往復ハガキ1通につき、1名様をご招待します。応募多数の場合は抽選になります。
7月31日(金)必着

※頂戴した個人情報は結果通知と当日運営にのみ使用し、住友生命いずみホールが責任を持って管理いたします。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
●お問合わせ
住友生命いずみホール 企画部 06-6944-1130
聴きどころ
J.S.バッハが生涯の総括として編纂した《ロ短調ミサ》は、謎の多い作品と言われています。
動画や録音の演奏例を交えながら、《ロ短調ミサ》研究を専門とする音楽学者・富田庸((英国ベルファストのクイーンズ大学教授)が作品の背景や楽譜に隠された謎を紐解きます。
出演者プロフィール
富田 庸
お話/音楽学者
音楽学者(バッハ研究)。1961年、福島県生まれ。福島県立安積高等学校を経て武蔵野音楽大学ピアノ科卒業後、渡英。リーズ大学にて修士号と博士号を取得。現在、英国ベルファストのクイーンズ大学教授。ライプツィヒ・バッハ資料館(研究部門)シニア・フェロー。英国バッハネットワーク理事。主な著書にDas wohltemperierte Klavier II[平均律第二巻](楽譜・Henle 2007年)、J. S.Bach(研究書・Ashgate 2011年)、Exploring Bach's B-minor Mass[ロ短調ミサ曲探求](研究書・Cambridge大学出版局 2013年)など。
●主催
住友生命いずみホール 〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕