• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
シネマ・ヒットパレード
~忘れられない映画音楽~
●日時
2020年3月26日(木)13時30分開場 14時00分開演 16時00分終演予定
●出演者
岡部まり(ナビゲーター)
横山 奏(指揮)
大阪交響楽団
●演奏曲目
山本直純:「男はつらいよ」
ローゼンマン:「エデンの東」
ロータ:「太陽がいっぱい」、「ゴッドファーザー」愛のテーマ
モリコーネ:「ニューシネマ・パラダイス」
ルグラン:「シェルブールの雨傘」
ロジャース:「サウンド・オブ・ミュージック」
マーラー:アダージェット(「べニスに死す」)
オッフェンバック:ホフマンの舟歌(「ライフ・イズ・ビューティフル」)
バーバー:弦楽のためのアダージョ(「プラトーン」他)
シベリウス:《フィンランディア》(「ダイ・ハード2」)
●料金
一般=¥3,000 学生=¥1,500
いずみホールフレンズ=¥2,700
※+3千円でホテルニューオータニ大阪ランチセットプランもご用意しております。
●発売日
フレンズ:2019年11月29日/一般:2019年12月6日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター 06-6944-1188
フレンズ優先発売11月29日(金)、一般発売 12月6日(金)
音楽が呼び覚ます、映画の思い出
皆様の忘れられない映画は何ですか?心に残る映画は人それぞれ。けれども映画にまつわる思い出は少なからず音楽に結び付いています。音楽を聴けば、映像が瞼の裏によみがえる・・・あるいは、長い年月を飛び越えて、一緒に見に行った誰かのことを思いだす・・・そんな経験、お持ちではありませんか?
シネマ・ヒットパレードは数々のスターの活躍を彩った映画音楽を世界中から集めたコンサート。世代を超えて愛され続けるオリジナル映画音楽と“映画で使われた”クラシック音楽を織り交ぜたプログラムをお贈りいたします。
演奏は大阪交響楽団。期待の若手指揮者、横山奏がフレッシュな響きをオーケストラから引き出します。映画を愛するタレント岡部まりが皆様をスクリーンの中へとご案内します。皆様の「思い出の1本」があれば幸いです。ご来場をお待ちいたしております。
ホテルニューオータニ大阪 ランチセットプラン(限定数)
チケット料金+3,000円

いずみホールチケットセンターでのみ取り扱い。
※お電話でお申し込みください。06-6944-1188

お申込み時にプランをお選び頂きます。公演チケットとともにレストランクーポンを発券いたします。
公演当日12:00~13:30にクーポンご持参のうえ当該レストランへ直接お越し下さい。
レストランでのご昼食後、公演を鑑賞いただきます。
※クーポンは公演当日のみ有効。

プラン1.オールデイダイニングSATSUKI
メイン料理:鯛、帆立貝の香草パン粉焼きトマトソース
健康サラダバー、スープ、パン、特撰スイーツ、珈琲、紅茶をビュッフェスタイルで

プラン2は完売いたしました。
プラン2.中国料理 大観苑
前菜三種盛り合わせ、小海老のチリソース
黒酢の酢豚、点心二種、五目チャーハン
杏仁豆腐


プラン3は完売いたしました。
プラン3.日本料理 花外楼
季節のお弁当、お造り、吸い物
御飯、デザート
出演者プロフィール
岡部まり
ナビゲーター
長崎県生まれ。福岡女学院短期大学英語科卒業。在学中からモデル、 ラジオのDJを始める。テレビ、ラジオ、イベントのパーソナリティー、インタビュー、司会、コーディネーターの他、女優業、執筆業など活動の場を広げる。中でも外国映画についての造詣が深く、映画に関するエッセー集のほかに、女性の視線で感じるエッセー集などを出版。近年では、エンタテイメント以外にも「暮らし」に関する企画のイベントや執筆にも積極的に参加している。朝日放送「探偵ナイトスクープ」の秘書役を21年間務める。
いずみホールには「シネマでXmas」シリーズに出演。温かみのある語り口で聴衆の心を掴んでいる。
横山奏
指揮
2018年第18回東京国際音楽コンクール〈指揮〉にて第2位&聴衆賞を受賞。一躍注目を集め、今後の活躍が大いに期待される若手指揮者である。
札幌市出身。北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コースを卒業後、桐朋学園にて学び、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程を修了。2015年4月より二年間、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の指揮研究員として、同楽団定期演奏会やオペラ公演でのアシスタントを数多く務め、高関健氏、飯守泰次郎氏をはじめとする指揮者・楽団員から厚い信頼を得る。2017年、4年に1度オランダにて開かれる吹奏楽の祭典、WMC Kerkradeでの指揮者コンクールにおいて、世界9カ国からの事前審査によって選ばれた参加者の中からファイナルへ進み、第3位を受賞。これまでに指揮をダグラス・ボストック、尾高忠明、高関健、中村隆夫、黒岩英臣の各氏に師事。
大阪交響楽団
1980年創立。永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されている。2010年4月に楽団名を「大阪交響楽団」と改称。2012年4月に支援組織と楽団を統合し、一般社団法人大阪交響楽団となり、2018年11月に公益社団法人となった。 2015年4月には二宮光由が楽団長・インテンダントに就任。さらに2016年4月からは、日本楽壇最長老の外山雄三がミュージック・アドバイザーに就任。2019年4月からは新たに太田弦(2015年、第17回東京国際音楽コンクール〈指揮〉で第2位ならびに聴衆賞を受賞)が正指揮者に就任し、さらなる楽団の飛躍が期待されている。

楽団公式ホームページ
●主催
いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕
●協賛
大和ハウス工業株式会社