• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



ストラディヴァリウス コンサート2019
1700年製「ドラゴネッティ」と1709年製「エングルマン」の響き
●日時
2019年10月30日(水)
●出演者
イム・ジヨン(1700年製 ヴァイオリン 「ドラゴネッティ」、1717年製 ヴァイオリン 「サセルノ」使用)
ベンジャミン・ベイルマン(1709年製 ヴァイオリン 「エングルマン」使用)
萩原 麻未(ピアノ)

《出演者変更のお知らせ》
当初出演予定のヴェロニカ・エーベルレは、出産時期が近いことから、医師の診断により、長距離旅行を含む今回の演奏会への出演を取り止めることとなりました。代わって、イム・ジヨンが出演いたしますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。その他の共演者、並びにプログラムの変更はありません。
変更に伴うチケット料金の払い戻しはございません ので、何卒ご理解いただき、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

お問合せ  いずみホール 企画部 06-6944-1130(10:00~18:00 土・日・祝除く)
      日本音楽財団 03-6229-5566(9:00~17:00 土・日・祝除く)
●演奏曲目
ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ 第5番 ヘ長調 op.24 「春」
バルトーク:二つのヴァイオリンのための二重奏曲 Sz.98
ブラームス:ヴァイオリンソナタ 第2番 イ長調 op.100
ショスタコーヴィチ:2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品 Op.97

18:45~ 京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥教授によるプレトーク

※本公演のチケット売上金の全ては、京都大学iPS細胞研究所に寄付されます。
出演者プロフィール
イム・ジヨン
ヴァイオリン
7歳でヴァイオリンを始め、韓国芸術総合学校(国立芸術大学)でキム・ナムユン教授に師事した後、ドイツのクロンベルク・アカデミーで研鑽を積む。2015年ベルギー・エリザベート王妃国際音楽コンクール、及び2013年ユーロアジア国際コンクールで優勝した他、アメリカのインディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクール、カナダのモントリオール国際音楽コンクール、ドイツ・リヒテンベルクのアンリ・マルトー国際ヴァイオリン・コンクール等、数々の国際コンクールに入賞。これまでに日本、アメリカ、カナダの他、ドイツ、スイス等のヨーロッパ諸国でコンサートツアーを行っている。また、著名な国際音楽祭にもたびたび招待され、マキシム・ヴェンゲーロフ、ジョエル・スミルノフ、原田幸一郎等、著名な指揮者やヴァイオリニストとの共演を重ねている。2017年にはモーツァルトとベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタを収録したファーストアルバムをメジャーレーベルのワーナークラシックスからリリースしている。
ベンジャミン・ベイルマン
ヴァイオリン
日本音楽財団保有 ストラディヴァリウス 1709年製ヴァイオリン「エングルマン」使用
シカゴ音楽院を経て、カーティス音楽院でイダ・カヴァフィアンとパメラ・フランクに師事。クロンベルク・アカデミーでクリスティアン・テツラフの下、さらなる研鑽を積む。2010年モントリオール国際音楽コンクール、同年アメリカのヤング・コンサート・アーティスツ国際オーディションでの優勝を機に、数々の著名なオーケストラと共演するなど、ソリストとして国際的なキャリアをスタートさせる。これまでに、ネヴィル・マリナーやヤニック・ネゼ=セガンなど著名な指揮者をはじめ、数々の一流オーケストラと共演している。2016年3月には、ワーナークラシックスよりファーストアルバム「スペクトラム」を発売した。
萩原麻未
ピアノ
2010年第65回ジュネーヴ国際コンクールで、日本人として初めて優勝。第27回パルマドーロ国際コンクールで史上最年少の13歳で第1位。広島音楽高校を卒業後、文化庁海外新進芸術家派遣員としてフランスに留学。パリ国立高等音楽院及び同音楽院修士課程、パリ地方音楽院室内楽科、モーツァルテウム音楽院を卒業。日本、フランスを中心に、スイス、ドイツ、イタリア、ベトナムなどでソリスト、室内楽奏者として演奏活動を行っている。これまでに、スイス・ロマンド管、南西ドイツ放送響、N響など国内外における主要オーケストラとも多数共演を重ねているほか、フランスのラ・ロック・ダンテロン等、様々な音楽祭に招かれている。
●主催
日本音楽財団、いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕