• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



ランチタイム・コンサートvol.6 鈴木大介
ジャンル無用の楽器 ギターを満喫する!
●日時
2019年9月18日(水)11時30分開演 13時10分終演予定
●出演者
鈴木大介(ギター)
岡田暁生(企画・構成、お話)
●演奏曲目
スカルラッティ: ソナタ イ長調K.208, K.209
シューベルト/メルツ編: セレナーデ (白鳥の歌より)
アルベニス:椰子の木陰 (スペインの歌op.232より)
バリオス: 森に夢見る
モリコーネ: ニュー・シネマ・パラダイス
ドビュッシー: 月の光
ジョビン: イパネマの娘
武満徹: 燃える秋
ピアソラ: リベルタンゴ
●料金
全席均一 ¥2,000
いずみホールフレンズ会員 ¥1,800
●発売日
フレンズ:2019年6月3日/一般:2019年6月11日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター 06-6944-1188
フレンズ優先発売日=6/3(月)10:00~ 一般発売日=6/11(火)10:00~
公演に寄せて<ナビゲーター 岡田暁生>
ギターは万能の楽器です。伴奏なしに一人で何でも出来てしまいます。太刀打ちできるのはピアノくらいでしょう。またギターはジャンル無用の楽器でもあります。クラシックでもフラメンコでもロックでもフォークソングでもジャズでも現代曲でもボサノヴァでもタンゴでも何でも来い!映画音楽にもギターの名曲はいっぱいあります。簡単にジャンルを越境してしまいます。今回のコンサートにはこれらのジャンルのほぼすべてが入っています。これだけ盛りだくさんのプログラムのギター・コンサートは滅多にありません。こんな万能楽器の魅力を、今日の日本で最高の奏者、鈴木大介さんの演奏で満喫していただきます。
無料託児サービスのご案内(先着10名様)
小さなお子様をもつお客様にもお昼間にクラシック音楽をお聴きいただけるよう、無料の託児サービスをご用意いたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。
対象年齢:6か月~就学前
お問い合わせ、お申込み:いずみホール 企画部 06-6944-1130(月~金/10:00~17:00)

申し込み締切:2019年9月4日(水)
出演者プロフィール
鈴木 大介(ギター)
Daisuke Suzuki、Guitar
作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。
 マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。 
武満徹、池辺晋一郎、猿谷紀郎、西村朗、伊佐治直、林光ら、多くの作曲家による新作を初演しているほか、都立現代美術館、国立新美術館、ブリヂストン美術館など美術館でのコンサートも数多く行っている。
斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、2005年度芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。ピアソラ没後20年となる2012年に、世界でも例を見ない多重録音による「タンゴ組曲」を収録した「アディオス・ノニーノ~アストル・ピアソラ作品集」をリリース。最新CDは、ベルウッドレコードより「Daisuke Suzuki the Best 2019」を2019年1月9日にリリース。
第10回出光音楽賞、平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。
ブログ http://daisukesuzuki.at.webry.info/ 
岡田 暁生(企画・構成、お話)
Akeo Okada, Talk&Produce
1960年京都生まれ。大阪大学文学部博士課程単位取得退学。ミュンヘン大学およびフライブルク大学で音楽学を学ぶ。現在京都大学人文科学研究所教授。文学博士。著書『音楽の聴き方』(中公新書、2009年、吉田秀和賞受賞、2009年度新書大賞第三位)、『ピアニストになりたい-19世紀 もう一つの音楽史』(春秋社、2008年、芸術選奨新人賞)、『恋愛哲学者モーツァルト』(新潮選書、2008年)、『西洋音楽史-クラシックの黄昏』(中公新書、2005年/韓国版、2009年)、『オペラの運命』(中公新書、2001年、サントリー学芸賞受賞)など。『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』(NHK)や『名曲探偵アマデウス』(NHK・BS)など、テレビ出演多数。朝日新聞の演奏会評のレギュラーで、日経新聞の書評欄もしばしば執筆している。近刊に『リヒャルト・シュトラウス』(音楽之友社)、『すごいジャズには理由がある』(アルテスパブリッシング)など。近刊に『音楽と出会う - 21世紀的つきあい方』(世界思想社)がある。
●主催
いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕