• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
ハーゲン・クァルテット
●日時
2019年10月4日(金)19時00分開演
●出演者
ハーゲン・クァルテット
●演奏曲目
ハイドン: 弦楽四重奏曲 第77番 ハ長調 op.76-3 「皇帝」
バルトーク: 弦楽四重奏曲 第3番 BB93 
シューベルト:弦楽四重奏曲第13番 イ短調 op.29-1, D804「ロザムンデ」
●料金
一般=¥6,000 学生=¥3,000
いずみホールフレンズ会員特別価格 =¥4,000
●発売日
フレンズ:2019年5月31日/一般:2019年6月7日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター 06-6944-1188
フレンズ優先発売日=5/31(金)10:00~ 一般発売日=6/7(金)10:00~
弦楽四重奏の真髄、珠玉の共鳴
モーツァルト、シューマン、ベートーヴェン、ショスタコーヴィチ・・・1993年の初登場から数々の名演で、いずみホールの歴史に名を刻むハーゲン・クァルテットは、その精緻なテクニックと卓越した芸術性で世界最高峰のクァルテットとしての確固たる地位を築き上げています。結成から38年の歳月が流れてもなお、新しい解釈を投げかけてくる彼らの”攻める”姿勢は、私たちを常に驚かせています。
すべての時代の楽曲に精通する世界的クァルテットが選んだ3つのマスター・ピース。音楽の歴史と新しい表現、弦楽四重奏の真髄を味わう一夜、どうぞご堪能ください。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日6月7日(金)10:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
ハーゲン・クァルテット
Hagen Quartett
ルーカス・ハーゲン(ヴァイオリン) Lukas Hagen, Violin
ライナー・シュミット(ヴァイオリン) Rainer Schmidt, Violin
ヴェロニカ・ハーゲン(ヴィオラ) Veronika Hagen, Viola
クレメンス・ハーゲン(チェロ) Clemens Hagen, Cello

 1981年に結成されたハーゲン・クァルテットは、結成後、数年間のうちに様々な室内楽コンクールで受賞を果たした後、ドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、その後20年で約45枚のCDを出した。この録音のおかげで、ハイドンからクルタークまでの幅広い弦楽四重奏のレパートリーを演奏し続けることができ、公演でも魅力的で知的にアレンジされたプログラムが並ぶ。同世代の作曲家とも親しく仕事をしており、既存の作品の再演、新曲の委嘱・初演を行っている。
 ハーゲン・クァルテットにとって、ニコラウス・アーノンクール、ジョルジュ・クルターク、マウリッツィオ・ポリーニ、内田光子、ザビーネ・マイヤー、クリスチャン・ツィメルマン、ハインリッヒ・シフ、イェルク・ヴィトマンらとの出会いが、音楽的な視野を広げ、大きな財産となっている。
 ザルツブルク・モーツァルテウム、バーゼルの音楽大学のほか、国際的なマスタークラスでも教師・指導者を務めるメンバーたちは、自身の経験を踏まえた芸術を若い音楽仲間に手渡している。
 2011年、結成30周年を記念してミリオス・クラシックスからリリースした2枚のCDは権威あるドイツ・エコー賞の最優秀アンサンブル部門を受賞。2012年にはウィーンのコンチェルトハウスの名誉会員に選出された。またモーツァルトの作品(K.387、K. 458)を収録したCDはフランスのディアパソン・ドール賞とショック賞、2016年のエコークラシック賞(17/18世紀の室内楽作品部門)を受賞した。
●主催
いずみホール 〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕