• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
いずみホール音楽講座
作曲家・西村朗が案内するクラシック音楽の愉しみ方IX
「様々な愛の響像」
●日時
2019年1月30日(水)18時30分開場 19時00分開演 21時00分終演予定
●出演者
西村 朗(お話)
--- いずみシンフォニエッタ大阪メンバー ---
中島慎子(ヴァイオリン)、大江のぞみ(ヴィオラ)
林 裕(チェロ)、碇山典子(ピアノ)
●演奏曲目
クライスラー:愛の喜び、愛の悲しみ 
ドビュッシー:前奏曲集第1集 第8番「亜麻色の髪の乙女」
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
メシアン:イエスの永遠性への賛歌
マスネ:タイスの瞑想曲
西村朗:〝鳥の歌〟による幻想曲
シューマン:《クライスレリアーナ》op.16より第1,6,7,8曲
       ピアノ四重奏曲より 第3楽章
●料金
均一=¥500
●発売日
フレンズ:2018年7月27日/一般:2018年8月3日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター 06-6944-1188

フレンズ優先発売:7月27日(金)10:00~
一般発売:8月3日(金)10:00~
聴きどころ
作曲家でいずみシンフォニエッタ大阪音楽監督の西村朗が講師となりお贈りする音楽講座の第9弾。軽妙なトークと作曲家ならではの視点の楽曲分析が人気の理由です。また、トークテーマに合った作品をいずみシンフォニエッタ大阪のメンバーによる実演奏でお届けします。
今回のテーマは、「愛」です。熱い恋の歓びと苦悩、神への愛の目覚め、深い信愛と瞑想、切なる望郷心、など様々な愛の力が生んだ音楽を読み解き味わいます。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日8月3日(金)10:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
西村 朗
講師
大阪市に生まれる。東京芸術大学卒業、同大学院修了。
日本音楽コンクール作曲部門第1位(1974)、エリザベート国際音楽コンクール作曲部門大賞(77・ブリュッセル)、ルイジ・ダルッラピッコラ作曲賞(77・ミラノ)、尾高賞を5回(88・92・93・08・11)、中島健蔵音楽賞(90)、京都音楽賞[実践部門賞](91)、日本現代芸術振興賞(94)、エクソンモービル音楽賞(01)、第3回別宮賞(02)、第36回(04年度)サントリー音楽賞、第47回毎日芸術賞(05) 等を受賞。2013年紫綬褒章を授与される。この他、02年度芸術祭大賞に「アルディッティSQプレイズ西村朗『西村朗作品集5』」が、05年度芸術祭優秀賞に「メタモルフォーシス・西村朗室内交響曲」が選ばれる。2000年よりいずみシンフォニエッタ大阪の音楽監督に就任、03年よりNHK-FM「現代の音楽」の解説を6年間、09年より同Eテレ「N響アワー」の司会者を3年間務めた。また、2015年4月からは、再度NHK-FM「現代の音楽」の解説を務める。2010年草津夏期国際音楽フェスティヴァルの音楽監督に就任。東京音楽大学教授。
中島慎子
ヴァイオリン
大阪府立天王寺高等学校を経て桐朋学園大学を卒業。その後オランダに留学。日本音楽コンクール第2位。ストラディヴァリウスコンクール優勝。ソリストとしてオーケストラとの共演ほか、古楽、フォークロア、タンゴなど多岐にわたるジャンルで活躍し、クラシック音楽、俗から聖までもにわたる「ヴァイオリン」の魅力を追究している。平成16年度大阪文化祭・文化祭賞ならびに「咲くやこの花賞」受賞。サイトウ・キネン・フェスティバル松本、水戸室内管弦楽団に参加。
大江のぞみ
ヴィオラ
東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。大曲音楽祭優秀賞。アルベニス財団奨学金でソフィア王妃音楽院音楽祭出演。ウイーン国立音楽大学ディプロマ取得。元・関西フィル首席奏者。国内外のオーケストラ客演首席奏者。アンサンブルヴィルトゥオーゾ鴻巣、韓国TIMF音楽祭メンバー。
林 裕
チェロ
東京藝術大学を卒業。日本音楽コンクール第1位。フライブルク高等音楽院を首席修了。黒柳賞、青山音楽賞、松方ホール音楽賞、大阪文化祭賞グランプリ、2009年度音楽クリティック・クラブ賞、平成28年度文化庁芸術祭優秀賞など受賞多数。CD「SOLO ist」にシュタルケルが讃辞を寄せたほか、レコード芸術の特選盤になった。元・大フィル首席。現在、相愛大学、神戸女学院大学講師。
碇山典子
ピアノ
神戸女学院大学音楽学部卒業、同研究生修了。パリ・エコール・ノルマル音楽院ピアノ科、室内楽科卒業。M.ヴラドコフスキーに現代音楽奏法を学び、J.ルヴィエのもとで研鑚を積む。フランス音楽を中心に幅広いレパートリーを誇り、特に現代音楽の演奏に定評がある。CD「オパール光のソナタ/碇山典子プレイズ西村朗」、「ラ・カンパネラ」、「プーランクピアノ作品集Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」(全ピアノ曲)をリリース。
●主催
いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕
●協賛
大阪市助成公演