• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
いずみホール・オペラ2017《愛の妙薬》
●日時
2017年12月16日(土)13時30分開場 14時00分開演 16時30分終演予定
●出演者
河原忠之(プロデュース・指揮)

中井亮一(ネモリーノ)
石橋栄実(アディーナ)
黒田 博(ベルコーレ)
久保田真澄(ドゥルカマーラ) 
田邉 織恵(ジャンネッタ)

ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団
ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団 
●演奏曲目
ドニゼッティ:《愛の妙薬》 全2幕 (演出:粟國 淳/イタリア語上演・字幕付)
●料金
S席 ¥12,000 A席 ¥10,000 B席 ¥8,000 学生 ¥6,000
いずみホールフレンズ S席 10,800 A席 ¥9,000 B席 ¥7,200

※ホールの構造上、A席は字幕・アクティングエリアが見えにくいお席です。B席はアクティングエリアが見えにくく、字幕がご覧いただけません。ご了承の上お求めください。
●発売日
フレンズ:2017年7月28日/一般:2017年8月4日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター 06-6944-1188
◇フレンズ優先発売7月28日(金)10:00~
◆一般発売8月4日(金)10:00~
オペラ史上、いちばんピュアな恋
2013年にスタートした、河原忠之プロデュース・シリーズがフィナーレを迎えます。今回も粟國淳を演出に迎え、ふたりが最も得意とするイタリア・オペラの世界へ皆様をご案内します。
イタリア・オペラの魅力はなんと言っても声。なかでも「ベルカント(=美しい歌声)」と呼ばれるロッシーニ、ベッリーニ、ドニゼッティらの作品は、“声の饗宴”と呼ぶにふさわしく、アリアやアンサンブルがちりばめられています。
《愛の妙薬》はドニゼッティの代表作。喜劇の要素をふんだんに盛り込み、南欧の太陽のような底抜けの明るさが全編を照らす一方、「人知れぬ涙」など、ネモリーノの歌にひそむ一抹の哀愁が抒情的な彩りを添えています。
今回の公演にむけて、河原と粟國はシリーズを振り返り「大切にしてきた音楽と演劇のバランスを模索したい(河原)」、「歌と歌詞、演技で作品のエッセンスを表現するチャレンジ(粟國)」と意気込みを語ります。この公演のために各地から実力派キャストが集結します。コンサートホールならではのスタイルでお贈りする、甘酸っぱい恋のゆくえ。ぜひ、客席から見届けてください。
あらすじ
ネモリーノはアディーナに思いを寄せている。アディーナはそれに気づきつつもベルコーレの求婚にまんざらでもない様子。ドゥルカマーラはネモリーノに《トリスタンとイゾルデ》の「愛の妙薬」と偽り、安物ワインを売りつける。「明日、効き目があらわれる妙薬」を飲み、そっけない態度のネモリーノ。腹を立てたアディーナは「ベルコーレと今日結婚する」と宣言。あわてたネモリーノは、追加の妙薬の代金のために軍隊に入ることを決める。いっぽう村ではジャンネッタが“おじさんが亡くなり莫大な遺産がネモリーノに”とうわさ話。何も知らないネモリーノは娘たちに囲まれ薬が効いたと大喜び。その光景に驚くアディーナにも妙薬を売ろうと試みるドゥルカマーラの話から、アディーナはネモリーノの愛情の深さを思い知る。アディーナの涙を見て「思い残すことはない」と出発しようするネモリーノ。そこへアディーナが現れ、ふたりは互いの気持ちを確かめ合う。

※人物相関図はチラシ裏面にございます。ページ上部のチラシ画像下の「パンフレットをダウンロード」をクリックしますと、PDFファイルでご覧いただけます。
定員に達したため受付を終了しました。(公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)