• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
樫本大進&アレッシオ・バックス
●日時
2017年7月9日(日)13時30分開場 14時00分開演
●出演者
樫本大進(ヴァイオリン)
アレッシオ・バックス(ピアノ)
●演奏曲目
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ト長調 K.301
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト長調 op.78 「雨の歌」
シマノフスキ:神話 op.30
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 op.45
●料金
一般¥6,000 学生¥3,000
いずみホールフレンズ会員 ¥5,400
●発売日
フレンズ:2017年3月31日/一般:2017年4月7日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター 06-6944-1188
"その時にしか生まれない特別なもの" を―
 ソリストとして、ベルリン・フィルの第1コンサートマスターとして、世界中を飛び回る樫本大進。いずみホールでも、その伸びやかで美しい音色を何度も響かせているヴァイオリニストです。
 「バッハ、そしてベートーヴェン・・・と、一人の作曲家に集中して取り組んできた後だからこそ、今は直感的なものに惹かれています。楽器に触れたその瞬間のインスピレーションを、音楽にして届けたい― そう考えた時、一緒に演奏したいと思った」と樫本が語るピアニストがアレッシオ・バックスです。イタリア生まれのバックスは、子供の頃よりその才能を開花させ、若くして二つの国際ピアノ・コンクールで優勝。リサイタルはもちろんのこと、数々のオーケストラとの共演など、世界で活躍する実力派です。
 樫本とバックスは年齢も近く、”音楽は人生の愉しみで食べることが好き”という気の合う友人同士。数々の国際音楽祭で室内楽を演奏し、2015年にはデュオでの台湾ツアーを成功させています。今回の共演に際して、樫本は「"その時にしか生まれない特別なもの" を聴いていただけると思います。」と話し、バックスも「Daishinと一緒に演奏することは、特別なこと ― 素晴らしい音楽の世界に連れて行ってくれることでしょう。」と語っています。良き友人で刺激し合える演奏家、とお互いに思っていることが感じられます。
 今回の演奏曲目は時代も国も越え、バラエティに富んだプログラムとなっています。デュオの醍醐味を堪能してほしい、と二人で相談し決めたもの。この日、このデュオにしか紡ぎだせないアンサンブルを、存分にお楽しみください。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下 (公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
(定員に達したため受付を終了しました)
出演者プロフィール
樫本 大進
ベルリン・フィル第1コンサートマスター
 1979年ロンドン生まれ。1996年のフリッツ・クライスラー、ロン=ティボーの両国際音楽コンクールでの1位など、5つの権威ある国際コンクールにて優勝。マゼール、小澤征爾、ヤンソンスなどの著名指揮者のもと、数々のオーケストラと共演。室内楽においても、クレーメル、バシュメット、堤剛、パユなど世界有数のソリストと共演し、2007年には自ら音楽監督として「ル・ポン国際音楽祭~赤穂・姫路~」を開始。2016年には第10回記念東京公演を行い大成功を収めた。2010年、ベルリン・フィル第1コンサートマスターに就任。同団とは本拠地ベルリンおよびツアーでの演奏会で、音楽監督ラトルやネルソンス指揮のもとソリストとしても共演している。近年では、ピアノのリフシッツとのベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏&収録プロジェクトを行い、そのCDボックスが2014年にワーナー・クラシックスより世界リリースされ、高い評価を得た。使用楽器は1674年製アンドレア・グヮルネリ。
アレッシオ・バックス
世界中を魅了し続けるピアニスト
 1977年イタリア生まれ。8歳でピアノを始め、翌年バーリ音楽院に入学。通常10年かかるコースを5年で修了、首席で卒業した。16歳で全額奨学金を受けアメリカ・ダラスの南メソジスト大学に入学。スペイン人の巨匠ホアキン・アチュカロに師事し、ピアノ演奏コースで音楽修士号を取得。1997年第3回浜松国際、2000年リーズ国際ピアノ・コンクール優勝。
 これまでに、欧米の主要オーケストラやNHK交響楽団等、90以上のオーケストラと共演。 世界各地でリサイタルを行うほかジョシュア・ベル、スティーヴン・イッサリース、今井信子などと室内楽で共演。
 録音も多く、これまでに『バロック・リフレクションズ』『ラフマニノフ前奏曲&メロディー』『ブラームス作品集』『モーツァルト協奏曲第24番、第27番ほか』『バッハ・トランスクライブド』等をリリース。2009年にエイヴリー・フィッシャー・キャリア・グラントを受賞。演奏活動の傍ら、南メソジスト大学で教鞭を執っている。
●主催
いずみホール 〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕