• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホールチケットセンター
オンラインチケット
弦楽四重奏のフロンティア -2
ハーゲン弦楽四重奏団
●日時
2017年6月29日(木)18時30分開場 19時00分開演
●出演者
ハーゲン弦楽四重奏団
 ルーカス・ハーゲン: 1727年製ヴァイオリン「パガニーニ」
 ライナー・シュミット: 1680年製ヴァイオリン「パガニーニ」
 ヴェロニカ・ハーゲン: 1731年製ヴィオラ「パガニーニ」
 クレメンス・ハーゲン: 1736年製チェロ「パガニーニ」
●演奏曲目
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 第3番 ヘ長調 op.73
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第16番 ヘ長調 op.135
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲 第14番 嬰へ長調 op.142
●料金
一般¥6,000 学生¥3,000
いずみホールフレンズ¥5,400
弦楽四重奏のフロンティア(6/18+6/29) セット券 ¥9,000(いずみホールフレンズ¥8,100)
●発売日
フレンズ:2017年1月27日/一般:2017年2月3日
●お問合わせ
いずみホール チケットセンター 06-6944-1188
ベートーヴェンとショスタコーヴィチ-晩年に辿り着いた境地を聴く
作曲者の晩年の作品には独特の魅力がある。華美な装飾がそぎ落とされた音一つ一つには作曲者の思いが凝縮され、ゆるぎない説得力を持って語りかけてくる。今回ハーゲン弦楽四重奏団が取り上げる2人の作曲家の作品もそうだ。簡素な佇まいながら洗練された境地にたどり着いたショスタコーヴィチの14番、謎めいた作品と言われ、後世に多大な影響を与えたベートーヴェンの16番。これにショスタコーヴィチ41歳の名作、3番を加えるというプログラムは非常に魅力的だ。いずみホールに1993年の初登場の際には「世界的に活躍する若手グループ」と紹介したハーゲン弦楽四重奏団も、今や世界最高峰のカルテットに成長した。定評のある古典、ロマン派作品に加え、近現代作品も積極的に取り上げる彼らの、磨き抜かれたアンサンブルによる親密な中にも鋭利な切れ味を持った表現は、これまでいずみホールでも数多の名演を生み出している。聞き逃せない一夜となりそうだ。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下 (公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日2月3日(金)10:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
ハーゲン弦楽四重奏団
1981年に結成されたハーゲン・クァルテットは、同年にロッケンハウス音楽祭で“審査員賞”と“聴衆賞”と呼ばれる大賞を受賞。翌年にはポーツマス弦楽四重奏コンクールで優勝し、続けてウィグモア・ホールにおけるロンドン・デビューを果たしている。また1983年にフランスのエヴィアン国際コンクール、ボルドー音楽祭、そしてカナダのバンフ・コンクールで立て続けに優勝した。
 1984年にはザルツブルク音楽祭にデビュー、大成功を収めた。そして翌年にはドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、その後20年で約45枚のCDをリリースした。
 ハーゲン・クァルテットにとって、ニコラウス・アーノンクール、ジョルジュ・クルターク、マウリッツィオ・ポリーニ、内田光子、ザビーネ・マイヤー、クリスチャン・ツィメルマン、ハインリッヒ・シフ、イェルク・ヴィトマンらとの出会いが、音楽的な視野を広げ、大きな財産となっている。
 デビュー30周年となった2011年には世界各地でベートーヴェン・チクルスを行い、大成功を収めた。またミリオス・クラシックスで、モーツァルト、ウェーベルン、ベートーヴェン、グリーグ、ブラームスの作品を録音し、各国ですばらしい評価を得ており、権威あるドイツ・エコー賞の「アンサンブル・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2012年にはウィーンのコンチェルトハウスの名誉会員に選出された。
 最新CD(モーツァルトのK387とK458)は2016年のエコー賞(17-18世紀の室内楽作品部門)を受賞したほか、ディアパソンドール賞、ショック賞を受賞した。
 2016/17シーズンはケルン、アムステルダム、ウィーン、フィレンツェ、東京などの世界主要都市で公演を行う。また2017年4月にはベルリンのピエール・ブーレーズ・ホールのオープニング公演に出演するほか、マドリッドでヴィトマンのクラリネット五重奏曲を世界初演する。
 ザルツブルク・モーツァルテウム、バーゼルの音楽大学のほか、国際的なマスタークラスでも教師・指導者を務めるメンバーたちは、自身の経験を踏まえ、後進の指導にもあたっている。
 2013年の半ばより、日本音楽財団より貸与されたストラディヴァリウス「パガニーニ・クァルテット」を使用している。
 ルーカス・ハーゲン: 1727年製ヴァイオリン「パガニーニ」
 ライナー・シュミット: 1680年製ヴァイオリン「パガニーニ」
 ヴェロニカ・ハーゲン: 1731年製ヴィオラ「パガニーニ」
 クレメンス・ハーゲン: 1736年製チェロ「パガニーニ」
●主催
いずみホール〔一般財団法人住友生命福祉文化財団〕