• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホール/ウィーン楽友協会 提携企画
ウィーン・アカデミー管弦楽団
●日時
2017年4月18日(火)
●出演者
マルティン・ハーゼルベック(指揮)
ウィーン・アカデミー管弦楽団
●演奏曲目
19:00~ 指揮者によるプレ・トーク
---
ベートーヴェン : 交響曲第6番 ヘ長調 op. 68 《田園》
          交響曲第5番 ハ短調 op. 67 《運命》

マルティン・ハーゼルベック(指揮)、ウィーン・アカデミー管弦楽団の演奏がナクソス・ミュージック・ライブラリーで視聴できます。
視聴はこちら
※視聴できる音源は、本演奏会で演奏する曲目とは異なります。
ウィーンの人々が聴いた初演時のベートーヴェンの音楽とは
オルガ二ストとして名を馳せ、指揮者としても世界中から賞賛されているマルティン・ハーゼルベックと、彼が創設したオリジナル楽器を用いるウィーン・アカデミー管弦楽団。確かな知識と技術が融合する彼らが、ウィーンで注目のプロジェクト『リサウンド・ベートーヴェン』を携えていずみホールに21年ぶりに登場します。

今回演奏する《田園》と《運命》の初演を行ったアン・デア・ウィーン劇場といずみホールはほぼ同じサイズ。ハーゼルベック本人も「初演された時、ロックミュージックみたいに斬新なものだったのだろうということを研究し学びました。いずみホールでも初演同様エキサイティングな演奏ができると思います」と語ります。時代背景から音響までをも調べ尽くしているからこその正確かつ堅実な演奏に加え、会場ごとに創り上げられる『リサウンド』はラスト1音の残響まで楽しむことができます。
『リサウンド・ベートーヴェン』とは
彼らが2014年にスタートさせたプロジェクト。ベートーヴェンの管弦楽曲の初演を行った会場を音楽学者や音響学者と徹底的に検証しその場所で当時の楽器を使用し演奏会を行う、という新しい切り口の取り組みです。その響きまで忠実に再現=RESOUNDする公演はウィーンでも一目を置かれており、ウィーンでの3公演で売り切れが出るほど。事前に最新の研究に基づく学術的背景のプレ・レクチャーを行い、ベートーヴェンの意図や楽曲の面白さを伝えているのも人気を集める一因であると言えるでしょう。
同時にCD録音も行い、古楽の名盤を世に送り出すフランスのAlphaレーベルから4作品をリリースしています。英『グラモフォン』など欧米をはじめ日本の音楽誌でも高く評価されています。名優ジョン・マルコヴィッチが朗読で参加した英語版「エグモント」、交響曲第3番を収めた最新作が2016年にリリースされ話題となっています。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下 (公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日12月2日(金)10:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)

この演奏動画は360 度パノラマ動画です。画像内のカーソルをクリック、または画面をドラッグしてお楽しみ下さい。
(一部ブラウザ、スマートフォンなどで動作しない場合がございます。)
出演者プロフィール
マルティン・ハーゼルベック
音楽監督・指揮  Martin Haselböck
オルガン・ソリスト、指揮者として数々の賞に輝き、活躍を続けるマルティン・ハーゼルベック。ウィーン宮廷礼拝堂オルガ二ストとして歴史的な教会音楽に精通した経験からオリジナル楽器によるウィーン・アカデミー管弦楽団を創設。リスト、ベートーヴェンの交響曲演奏会・録音で注目を集めている。
客演指揮者としても多忙を極め、ウィーン交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団など名だたるオーケストラを指揮。オペラ指揮者としての活動も繰りひろげ、ドイツで初めてオリジナル楽器を使用したモーツァルトのオペラを上演、1991年プラハ市よりモーツァルト賞を授与。
2011年オーストリア学術芸術功労十字章を受章、2012年にはハンガリー政府よりハンガリー・リスト賞を授与されている。現在ウィーン国立音楽大学教授でもある。
ウィーン・アカデミー管弦楽団
Orchester Wiener Akademie
マルティン・ハーゼルベックにより1985年に創設。バロック、古典派、ロマン派、20世紀初期作品を各時代の楽器で演奏、現代作品ではモダン楽器に持ち替えるオーストリア唯一のオーケストラ。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンとともにシューマン、リストなど幅広いレパートリーとオーストリアの音楽性、高い技術、エネルギーに満ちた演奏で国際的に高い賞賛を受けている。
ウィーン楽友協会ホールでの定期演奏会は、ウィーン音楽シーンで人気の高いコンサートのひとつとなっており、過去にはダニエル・ホープ、トーマス・ハンプソン、イザベル・ファウストなどと共演。これまで数多くのCDやDVDをリリースし、様々な賞を受賞している。
ツアーも精力的に行っており、これまで3大陸20か国以上で演奏、ヨーロッパを中心に多数の国際音楽祭にも出演している。オペラや劇作品も主要な活動のひとつとなっている。
●主催
いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕