• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみ子どもカレッジ2016 ピーターとおおかみ
●日時
2016年8月2日(火)
●出演者
中井章徳(指揮、お話)
関西フィルハーモニー管弦楽団
●演奏曲目
<弦楽器の音色を楽しもう>
モーツァルト:ディヴェルティメント Kv.136より第1楽章
チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調より第2楽章“ワルツ”
アンダーソン:プリンク・プレンク・プランク
<手拍子、足踏み、笑い声!?で一緒に演奏しよう>
ヨーゼフ・シュトラウス:憂いもなく
<楽器で動物を表現?大人気の音楽物語>
プロコフィエフ:ピーターとおおかみ
指揮者体験コーナーもあります!
●公演内容
夏休みはいずみホールにでかけよう!
毎年恒例の子どもむけイベント「いずみ子どもカレッジ」。今年はオーケストラです。
演奏会の前半は弦楽器の音色をたっぷりと、そして後半は、ナレーション付き音楽物語「ピーターとおおかみ」を演奏します。
オーケストラの音色に親しむ楽しい一時間の演奏会です。ご家族そろって是非お越しください(入場には招待状が必要です)

<ピーターとおおかみ>   
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
あらすじ:少年ピーターはお爺さんと一緒に牧場に住んでいます。動物たちと楽しく過ごしていましたが、そこにおおかみが現れ、さあ大変。飼っているアヒルを飲み込んでしまいました。ピーターは小鳥や猫と協力しておおかみを捕まえようとしますが、うまくいくでしょうか?
出演者プロフィール
中井章徳(指揮)
Akitoku Nakai
岡山県倉敷市出身。岡山県立岡山城東高等学校・音楽コースを経て、くらしき作陽大学音楽学部指揮専攻を首席で卒業。桐朋オーケストラ・アカデミー、キジアーナ音楽院で研鑽を積んだ。同大大学院音楽研究科修了。指揮を志賀保隆、大山平一郎、故岩城宏之、リヒャルト・シューマッヒャー、ダニエレ・アジマン、ジャンルイジ・ジェルメッティ、ピアノを日高七恵、重川逸呼、チェンバロをダミアノ・チェルッティ、音楽学を丸山桂介、森泰彦の各氏に師事。
 1998年、ポーランドで開催された第21回マスタープレイヤーズ国際音楽コンクールで指揮部門最高位の名誉ディプロマ賞を受賞し、併せて全部門の中から最優秀者に贈られるマスタープレイヤーズ大賞を同時受賞。このほか倉敷市芸術文化栄誉章(2000年)、第10回エネルギア音楽賞(2004年)、出雲市文化功労賞(2015年)を受賞している。
 これまでに札幌交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、Osaka Shion Wind Orchestra、岡山フィルハーモニック管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団で客演指揮を務めている。
 現在、出雲芸術アカデミー芸術監督、出雲フィルハーモニー交響楽団音楽監督兼常任指揮者、北九州シティオペラ指揮者。
関西フィルハーモニー管弦楽団
Kansai Philharmonic Orchestra
1970年発足。2003年より特定非営利活動法人、2014年より認定NPO法人として生まれ変わり、関西を代表する楽団の一つとして文化・社会への貢献を目指して積極的に活動を続けている。
世界的ヴァイオリニストでもあるオーギュスタン・デュメイは08年より首席客演指揮者を務め、11年より楽団史上初の音楽監督に就任。藤岡幸夫は00年より正指揮者を務め、07年より首席指揮者に就任。飯守泰次郎は01年より常任指揮者を務め、11年桂冠名誉指揮者に就任。
人間の営みから生まれた音楽…『ヒューマニズム』をテーマに、聴衆の心に感動と勇気を伝えるべく活動を展開するとともに、地域密着を重視。活動に明確なビジョンを持ち、挑戦し続ける個性派楽団としてますます好評を博している。14年10月よりスタートしたBSジャパンの音楽番組「エンター・ザ・ミュージック」に藤岡幸夫と共に出演中。15年5月から6月にかけては、スイス・ドイツ・イタリアの3ヶ国5都市を巡る楽団初のヨーロッパツアー(合計5公演)を開催し、各地で大きな注目を集めた。
オフィシャル・ホームページ http://www.kansaiphil.jp/
オフィシャル・ブログ http://blog.livedoor.jp/kansaiphil/
●主催
いずみホール 06-6944-1130
後援:大阪市