• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



シューベルト こころの奥へ vol.4 歌曲集《冬の旅》
ユリアン・プレガルディエン&鈴木優人
●日時
2017年1月13日(金)
●出演者
ユリアン・プレガルディエン(テノール)
鈴木優人(フォルテピアノ)
●演奏曲目
シューベルト:《冬の旅》op.89,D911
歌とピアノが創り上げる深淵の芸術
「シューベルト~こころの奥へ」では、“歌曲の王”の異名を持つシューベルトの集大成ともいえる三大歌曲集をまとめて取り上げます。
ドイツ・リートの最高峰と名高い《冬の旅》は、2人のサラブレッドによる組み合わせでお聴き頂きます。クリストフ・プレガルディエンを父に持ち宗教曲やリートの歌唱で近年注目を集めるユリアン・プレガルディエンと、鈴木雅明を父に持ち国内外で多岐にわたる活動を繰り広げる鍵盤奏者の鈴木優人です。お互いの実力を認め合うふたりだが、共演するのは今回がはじめて。どの様な響きを生み出すか期待が膨らみます。
旋律の美しさを高く評価されるユリアンは、近年《冬の旅》の演奏に集中的に取り組み、フォルテピアノとの共演となる当公演に思い入れを抱きます。鈴木優人が奏でるいずみホール所蔵のフォルテピアノのナネッテ・シュトライヒャーは、1820年代製のオリジナルです。シューベルト当時の響きをご堪能ください。
恋に破れ、街を捨ててさすらいの旅に出る若者の心理を、若き実力派のふたりが丁寧に描きます。ご期待ください。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下 (公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日10月7日(金)10:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
ユリアン・プレガルディエン
テノール
1984年フランクフルト生まれ。父クリストフ・プレガルディエンから音楽の手ほどきを受け、さらにリンブルク大聖堂の聖歌隊およびフライブルク音楽大学で研鑽を積んだ。
近年、オペラ、オーケストラ・コンサート、室内楽の各ステージで大きな注目を集めている。オーケストラ・コンサートへの出演では、特にバッハの優れた歌い手として知られている。16/17シーズンはケント・ナガノ指揮モントリオール響と《マタイ受難曲》の福音史家で共演、またルネ・ヤーコブス指揮ベルリン古楽アカデミーとも同作品を演奏する。リート歌手としてはウィグモアホール、シューベルティアーデ音楽祭、エジンバラ音楽祭、ザルツブルク音楽祭などに出演。
オペラでは、近年までフランクフルト歌劇場のメンバーとして数々の舞台に出演していた。 16年にはディジョンでクリストフ・ルセ指揮《魔笛》タミーノ役、17年はバイエルン国立歌劇場《オベロン》題名役で出演する。ミリオス・クラシックスよりCDがリリースされている。
鈴木優人
フォルテピアノ
1981 年オランダ生まれ。東京藝術大学及び同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。鍵盤奏者(チェンバロ、オルガン、ピアノ)および指揮者としてバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)や横浜シンフォニエッタ(2015年2月まで首席指揮者)など国内外の公演に多数出演。
音楽監督を務めるアンサンブル・ジェネシスでは、オリジナル楽器でバロックから現代音楽まで意欲的なプログラムを展開。2015年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンではBCJの「マタイ受難曲」を指揮、大好評を博し、アーティスティック・ディレクターを務めた2015年11月の東京芸術劇場開館25周年記念コンサートでは、バッハ・コレギウム・ジャパンの合唱や芸劇ウィンド・オーケストラとの共演など多彩なプログラムを披露。作曲家としても数々の委嘱を受けると同時に、J.S.バッハ BWV 190喪失楽章の復元や(Carus)、モーツァルト『レクイエム』の補筆・校訂が高い評価を得ている。今後ショット・ミュージックから作品を出版予定。さらには調布音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー、舞台演出など、その活動に垣根はない。
オフィシャルホームページ http://suzukimasato.com/
●主催
いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕