• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



シューベルト こころの奥へ vol.2 歌曲集《白鳥の歌》
三原剛、佐々木典子
●日時
2016年11月23日(水)【勤労感謝の日】
●出演者
三原 剛(バリトン)
小坂圭太(ピアノ)
佐々木典子(ソプラノ)
千葉かほる(ピアノ)
●演奏曲目
糸を紡ぐグレートヒェンD118
水の上で歌うD774
エレンの歌Ⅲ(アヴェ・マリア)D839
ミニヨンの歌(知っていますか、レモンの花咲く国を)D321
ミニヨンの歌(憧れを知るものだけが)D877-4
竪琴弾きの歌Ⅰ「孤独を求めるものは」D478
光と愛D352
《白鳥の歌》D957
スペシャリストの競演で、リートの真髄にふれる
多くのジャンルに作品を残したシューベルトですが、生涯にわたって創作の中心であり続けたのが歌曲(リート)でした。“歌曲王”の呼び名にふさわしく、600を超える作品を残しています。「シューベルト~こころの奥へ」ではその集大成ともいえる三つの歌曲集をお聴きいただきます。
シリーズ第2回では最も若い時期の《糸を紡ぐグレートヒェン》から最晩年の《白鳥の歌》にいたる歌曲創作の足跡をたどります。前半は佐々木典子の歌唱を中心に《アヴェ・マリア》、《ミニヨンの歌》といった代表作を軸に構成、二重唱曲《光と愛》で締めくくります。後半は三原剛が歌曲集《白鳥の歌》をお贈りします。《白鳥の歌》は死後にまとめられたため、他の連作歌曲集とは趣を異にしますが、旺盛な創作を展開した最晩年ならではの、シューベルトが追い求めたリートの理想の姿を現しているかのような作品です。
温かみある三原剛と気品あふれる佐々木典子の歌唱で、抒情性をたたえた旋律と詩が融合したシューベルトならではの歌曲の世界をじっくりと味わってください。
「本物の感動を今、若い世代に」体験していただくため、この公演に青少年をご招待します。この機会にいずみホールでクラシック音楽を聴いてみませんか。
《対象》小学生以上 18歳以下 (公演当日、年齢を確認できるものをご持参ください)
《申込方法》一般発売日8月5日(金)10:00~いずみホールチケットセンター(06-6944-1188)で受付(先着順・限定数)
出演者プロフィール
三原 剛
バリトン
大阪芸術大学卒業。
1991年第22回日伊声楽コンコルソ金賞受賞。
1992年第61回日本音楽コンクール第1位、同時に増沢賞、福沢賞、木下賞、松下賞を受賞。翌93年には、第4回五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞し、後に五島記念文化財団奨学生としてドイツのケルンに留学する。以後、国内外においてリサイタル活動やオペラ、オーケストラとの共演など、意欲的な活動を展開。2006年ヘンツェのオペラ「午後の曳航」で、ザルツブルク音楽祭、フィルハーモニー(ベルリン)、オーディトリウム(トリノ)に出演するなど目覚しい活躍が続いている。
バッハ、ヘンデルなど、バロック期の宗教音楽を中心に、モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン、ブラームス、フォーレ、ヴェルディ、プッチーニ、マーラー、オルフなどを歌い、古典派、ロマン派、近代・現代作品へと着実にそのレパートリーを拡げている。
他に、第9回新・波の会日本歌曲コンクール第1位及び四家文子特別賞、第7回グローバル東敦子賞、平成17年度大阪文化祭賞などを受賞。
小坂圭太
ピアノ
東京藝術大学音楽学部を経て1987年、同大学院修士課程修了。
85年、第54回日本音楽コンクールピアノ部門入選、89年同コンクール委員会特別賞(協演賞)受賞。
在学中より、ソロ、伴奏、室内楽、オーケストラの鍵盤楽器、コレペティトゥアなどあらゆる分野で古典から新作初演まで幅広く活動。サントリー、アフィニス、アリオン各音楽財団主催の音楽祭やNHK-FM等に度々出演。いずみホールへは2010年のサントリー芸術財団主催「音楽のエッセンツィア」にて中川俊郎氏の「幻想曲」(ピアノ独奏曲)初演以来6年ぶりの出演。
現在、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科/文教育学部准教授、相愛大学音楽学部非常勤講師。
佐々木 典子
ソプラノ
武蔵野音楽大学卒業後、ザルツブルグのモーツァルテウム芸術大学で学び、オペラ科を首席修了。ウィーン国立歌劇場オペラ研修所を経て、6年に渡り同歌劇場専属歌手として活躍。この間アバド、ショルティ、レヴァイン等世界の巨匠たちと共演。
殊にR.シュトラウス作品での傑出した演唱は高い評価を得ており、『ばらの騎士』元帥夫人、『ナクソス島のアリアドネ』プリマドンナ/アリアドネ、『カプリッチョ』伯爵令嬢マドレーヌ、『ダフネ』及び『ダナエの愛』に於けるタイトルロール等品格ある歌唱と圧倒的な存在感は他に比肩するものがない。'09年CD「R.シュトラウス:歌曲集”四つの最後の歌”」をリリース。また、オールR.シュトラウス・プロによるリサイタルはNHKでも放送され、「NHKニューイヤーオペラコンサート」にもたびたび出演している。'90年熊本市女性賞、'00年第2回ホテルオークラ音楽賞、'14年第44回東燃ゼネラル音楽賞洋楽部門本賞受賞。
東京藝術大学教授。二期会会員 
千葉 かほる
ピアノ
桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻卒業。同大学声楽専攻伴奏研究員修了。文化庁在外派遣研修員としてドイツに留学。カールスルーエ音楽大学大学院リート科を最優秀の成績にて修了。山田雄子、星野明子、加納悟郎、ハルトムート・ヘルの諸氏に師事。日本、及びベルギー、ドイツ、オ―ストリア、スペインに於いてコンサートに出演。現在、東京藝術大学、青山学院女子短期大学各講師。桐朋学園芸術短期大学演奏員。
●主催
いずみホール〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕