• トップページ
  • ホールのご案内
  • 主催公演
  • 公演スケジュール
  • チケット予約/購入
  • 貸ホールのご案内
  • アクセスマップ
  • 住友生命いずみホールフレンズ

クラシック音楽専用ホール:公演スケジュール



いずみホール ランチタイム・コンサート vol.96
木管五重奏はまさに室内楽の極致
●日時
2016年6月13日(月)
●出演者
市川えり子(フルート)
大島弥州夫(オーボエ)
小谷口直子(クラリネット)
村中宏(ファゴット)
三谷政代(ホルン)
日下部吉彦(企画・構成、お話)
中村恭子(司会アシスタント)
●演奏曲目
ハイドン:ディヴェルティメント 変ロ長調
バーバー:サマーミュージック
プーランク:ノヴェレッテ
イベール:3つの小品
近衛秀建 編曲:日本の歌メドレー
聴きどころ
今回のランチタイム・コンサートでは、木管アンサンブルの魅力をたっぷりとお届けします。音色も、特徴も違う5つの楽器による木管五重奏は、多様な音のパレットを持ち、それぞれがソロで個性を主張する一方で、全員で華麗なハーモニーを奏でることができます。曲目はハイドン、イベールの名曲から、独特な音色を持つバーバーの作品、そして懐かしい日本の歌まで。関西で活躍する実力派メンバーの演奏をお楽しみください。
出演者プロフィール
市川 えり子
フルート
兵庫県神戸市出身。相愛大学音楽学部管楽器専攻卒業。同大学在学中第17回「コンチェルトの夕べ」にてソリストとして出演。明治安田生命クオリティオブライフ音楽学生奨学金奨学生に選出される。第6回大阪国際コンクールアンサンブル部門入選、第10回びわ湖国際フルートコンクールアンサンブル部門入選、第12回日本フルートコンベンションコンクールピッコロ部門第3位。これまでに菱田弓子・伊藤公一の各氏に師事する。マスタークラス等でW.ベネット、P.マイゼン、T.ハッチンス、R.ランジュヴァンのレッスンを受講。アフィニス夏の音楽祭2015に参加。2010年より京都フィルハーモニー室内合奏団フルート奏者。
大島 弥州夫
オーボエ
大阪音楽大学首席卒業後、東京音楽大学大学院にて宮本文昭、広田智之、古部賢一の各氏に師事。小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団、霧島国際音楽祭等に参加。 NHK-FM「名曲リサイタル」出演。ソリストとして、いずみシンフォニエッタ大阪定期演奏会、 兵庫県立芸術文化センター管弦楽団との「ドリーム・コンチェルト」に出演。東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」に出演。現在、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、大阪フィルハーモニー交響楽団オーボエ奏者。 大阪音楽大学非常勤講師。
小谷口 直子
クラリネット
東京藝術大学卒業同大学大学院修士課程修了。第12回日本木管コンクール第2位。第14回宝塚ベガ音楽コンクール第1位。第71回日本音楽コンクール第1位、増沢賞、E.ナカミチ賞受賞。2003年京都市交響楽団入団、2006年より同団首席クラリネット奏者。2009年東京オペラシティリサイタルシリーズ『B→C バッハからコンテンポラリーへ』出演。2010年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてウィーン国立音楽大学に留学。ブレゲンツ(オーストリア)にてウィーン交響楽団によるマスタークラスに参加。2014年ALM RECORDSよりCD『ÜHL:48ETÜDEN』リリース。平成22年度京都市芸術新人賞。平成23年度神戸市文化奨励賞。京都市立芸術大学、同志社女子大学非常勤講師。
村中 宏
ファゴット
大分県別府市出身。東京藝術大学をアカンサス音楽賞、ならびに同声会賞を受賞し卒業。ソリストとしてヨルマ・パヌラ指揮、藝大フィルハーモニアと共演。第23回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第1位、兵庫県知事賞受賞。第16回JILA音楽コンクール室内楽部門第1位。第18回松方ホール音楽賞(木管部門)受賞。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。これまでにファゴットを横井晴子、日名弘見、岡崎耕治の各氏に師事。ローラン・ルフェーブル、セルジオ・アッツォリーニなど各氏のマスタークラスを受講し、研鑽を積む。京都市交響楽団ファゴット奏者。
三谷 政代
ホルン
これまでに、ホルンを野田篁一、守山光三、松崎裕、丸山勉、松原千代繁、各氏に師事。
研修生課程時に大学からの奨学生として英国王立音楽院に留学。M, トンプソン、R, ワトキンス、両氏に師事。2000年、京都国際音楽フェスティバルに東京音大から室内楽、オーケストラのメンバーとして参加。2000、2001、2002年、ロームミュージックファンデーション音楽セミナーを受講。
2011年、アフィニス夏の音楽祭に参加。2012年、イタリアンブラスウィーク(イタリア・チェゼーナ)にアフィニス文化財団より派遣される。現在フリーランスの奏者として、室内楽、オーケストラ等の分野で活動中。
日下部 吉彦
企画・構成 お話
音楽評論家。大阪音楽大学客員教授。1952年、朝日新聞記者を振り出しに、朝日放送音楽プロデューサー、解説委員室長などを歴任。14年間、テレビのニュース・キャスターを務めた。大阪国際室内楽コンクールでは、第1回から審議委員長、フェスタ部門審査委員長。「いずみホール・ランチタイム・コンサート」では、1992年のシリーズのスタート以来、企画・監修、トークを担当、人気シリーズとなっている。この種のレクチャー・コンサート・スタイルの創始者として全国的に知られている。
●主催
いずみホール〔一般財団法人住友生命福祉文化財団〕